[ベトナム][フエ]ベトナム名物18時間の旅。ニャチャンからフエまでの行き方と気をつけたほうがいいこと3つ!

DSC01074

移動時間は長いですが簡単です。

ポイントをおさえて快適な旅にしましょう。

ニャチャン出発

ニャチャンの旅行代理店でフエ行きのバスチケットを予約します。

330,000ドン(約1,941円)、約14時間とのことでした。

DSC00506

18:15出発予定でしたが、バスは45分遅れできました。

夜行バスだと寝ながら行けるので楽です。

DSC00507

車内は若干冷えるので長袖は1枚持ち込んだほうがいいです。

途中何回か休憩、ホイアンで客入れ替え

今回バスにはトイレはありませんでしたので、3時間に1回ぐらい小休憩をはさみます。

こんなところで休憩します。

DSC00511

ホイアンまでは約12時間。乗客がゴソッと入れ替わります。

ダナンを通過してフエまで

ホイアンから約5時間30分。

バス停の場所はこちら。

下の地図の(10)フエホステルの向かいです。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

huemap

(1)田舎ゾーン。40年ぐらい前の光景が広がる。グエン朝よりもむしろこちらに行くべき。

(2)子供ゾーン。元気なベトナムっ子たちのはじける姿が可愛らしいです。

(3)ベトナム流ゲームセンター。これは・・・ハマる・・・。

(4)しみじみしたナイトマーケット。一週間毎晩行っても飽きないクオリティの高さに魅入る。

(5)アオザイ美人の通勤経路。17時にここで待っていよう・・・

(6)街中遊園地。地味に面白い。1杯やった後にどうぞ。

(7)ベトナム統一鉄道のフエ駅。渋い。長距離お散歩コース。

(8)HOANG HUONG。客の全然いない安宿。沈没者向け。

(9)しみじみとしたしじみふうみがじみにしみる。

(10)安宿フエホステル。激渋。

(11)フエ風コーヒーが飲めるカフェ。フエっ子オジサンの憩いの場。

街の中心地に止まり、降りたら客引きおじさんがたくさん寄って来ます。

バス停近辺のブロックを歩いて回れば安宿はたくさんあるので、自分で宿探ししたい人はおじさんたちを無視しても問題ありません。

Sponsored Links

If you have any comments or questions, please don't hesitate to contact me.

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)