[ベトナム][フエ]とりあえずこれだけはインプットしておこう。フエに行く前に必ず押さえておきたい4つのポイント

DSC00540

フエに行く前に押さえておくと便利であろう、フエの概要を簡単にご紹介します。

フエをひと言でいうと・・・

ベトナムを代表する古都の街で、人々と街並みの穏やかな雰囲気が特徴的です。

なお、wikipediaにはざっくり以下のように説明されています。

フエHuế)は、ベトナム中部の都市で、トゥアティエン=フエ省省都である。19世紀から20世紀にかけてベトナムに存在していた阮朝の首都に定められていた。

フエはフランス語風にユエと呼ばれることもある[1]。フエの漢字名の「順化(トゥアン・ホア、Thuận Hóa)」は、14世紀陳朝が設置した順州・化州に由来する[2]。二つの行政区画のうち、かつてフエの町が属していた「化州」の漢字音hoá)が転訛して、町はフエと呼ばれるようになったと考えられている[1][3][4]。フランス植民地時代にトゥアン・ホアを訪れた外国人は、町を「スェウナ」「スィネア」「シネア」と呼んでいた[5]

ユネスコ世界遺産(文化遺産)に「フエの建造物群」、無形文化遺産に「フエの雅楽」が登録されている。

 wikipedia 「フエ」より引用

フエでよく見る観光地図と、おすすめスポットの場所

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

huemap

(1)田舎ゾーン。40年ぐらい前の光景が広がる。グエン朝よりもむしろこちらに行くべき。

(2)子供ゾーン。元気なベトナムっ子たちのはじける姿が可愛らしいです。

(3)ベトナム流ゲームセンター。これは・・・ハマる・・・。

(4)しみじみしたナイトマーケット。一週間毎晩行っても飽きないクオリティの高さに魅入る。

(5)アオザイ美人の通勤経路。17時にここで待っていよう・・・

(6)街中遊園地。地味に面白い。1杯やった後にどうぞ。

(7)ベトナム統一鉄道のフエ駅。渋い。長距離お散歩コース。

(8)HOANG HUONG。客の全然いない安宿。沈没者向け。

(9)しみじみとしたしじみふうみがじみにしみる。

(10)安宿フエホステル。激渋。

(11)フエ風コーヒーが飲めるカフェ。フエっ子オジサンの憩いの場。

3分でわかるフエの街の風景

フエの景色です。

ベトナムでは意外と見かけないアオザイ美人がたくさんいます。

フエは、とっておきの移住ポイントかもしれない・・・

ベトナムで1番安心する街。

派手さや便利さはありませんが、田舎っぽい雰囲気に惹かれてついつい長居してしまいます。

ホーチミンやハノイで疲れたら、フエでぼんやりと空を眺めましょう。

あまり知られていませんが、老後の移住先としてアリかもしれません。

ナイトマーケットが1番のおすすめポイントです。

Sponsored Links

If you have any comments or questions, please don't hesitate to contact me.

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)