[ベトナム][ニャチャン]とりあえずこれだけはインプットしておこう。ニャチャンに行く前に押さえておきたい4つのポイント

DSC00361

ニャチャンに行く前に押さえておくと便利であろう、ニャチャンの概要を簡単にご紹介します。

ニャチャンをひと言でいうと・・・

ホーチミンから長距離バスで11時間のところにある、ベトナム流のビーチ沿い観光リゾート地です。

なお、wikipediaにはざっくり以下のように説明されています。

ナトラン、または、ナトラングNha Trang芽莊?)はベトナム南部、カインホア省Tỉnh Khánh Hoà省慶和?)の省都。面積251km2、人口350,375人(2005年)。

 wikipedia 「ニャチャン」より引用

ニャチャンでよく見る観光地図と、おすすめスポットの場所

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

natyanmap

(1)MAD SPA。みんなで楽しいドロ温泉。きれいなドロに浸かってお肌すべすべ。TAP BAR。

(2)ニャチャン駅。ビーチから歩くと20分。

(3)長距離バスの到着地点。目印は何もない。

(4)ナイトマーケット。大したものは何もないけどなぜか面白い気がする。

(5)安いビール。ニャチャン最安で10,000ドン(約59円)。

(6)ストリート貝焼き屋さん。焼きたてで、貝汁とココナッツの風味がたまらん。

(7)広々とした安宿。PHU QUY TRAVEL。1泊100,000ドン(約590円)から。

(8)ストリートな青空バー。モヒートがうまい。

(9)ビーチ。夜のビーチ沿いではピクニックが盛ん。

(10)服屋。水着を買うならこちら。他の店の半額で買えます。

(11)どローカルな食堂。超絶しっぽり。

(12)ロシアのツーリストインフォメーション。ドロ温泉までのバスが出ている。

89秒でわかるニャチャンの街の風景

ニャチャンの街の景色です。

ここでも日本のマンガが大人気。

ニャチャンは、なかなか珍しいロシア人の憩いの街。暖かいところで羽を伸ばしているロシア人にほっこりする

東南アジアでまず見かけることのない、ロシア人街がここにはあります。

ロシア人の方々も別に寒いところが好きなわけではなく、やはり暖かいところでぽかぽかするのは楽しいとのことでした。

また、ロシア人街にはやっぱり漂うウォッカの香り。

ベトナムではお酒も安いので、観光がてら1杯やるのもいいでしょう。

Sponsored Links

If you have any comments or questions, please don't hesitate to contact me.

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)