[ベトナム][日本からベトナムへ]決着!ホーチミンのタンソンニャット空港に深夜着だけど、時間も金も無駄にしなくて安全な4つの足取り!

DSC00016

ホーチミンのタンソンニャット空港に深夜着だと、タクシーでさっさと街に出るべき、いや朝までローカルバスを待つべきなど、いろいろな議論があるので、現実的な対応を考えて実践してみました。

私はこれで無事ホーチミンの安宿街ファングーラオ・ブイビエンエリアまで行けました。

22時ぐらいにホーチミンに着いた場合です。

まず少額を両替して。

入国審査と荷物のピックアップが無事済んだら、送迎の手前にある両替所に行き、日本円で1,000円をベトナムドンに両替しましょう。

だいたい180,000ドンぐらいになるはずです。

空港内の地図はこちら。

DSC00005

そして国内線ターミナルへ。

そしてそのまま国際ターミナルを出て右へ。2分歩くとDomesticと書かれた国内線ターミナルに付くので、タクシー乗り場まで行きましょう。

DSC00006

そうするとタクシーがどんどんやってきます。

国際線のような外国人狙いの怪しい待ちタクシーはおらず、地元民を相手にしている普通のタクシーのようです。

DSC00009

きっと国内線の飛行機に乗るのはベトナム人ばかりなので、ぼったくりタクシーは国内線ターミナルの方にはあまり来ないのでしょう。

メイリンのタクシーと交渉して

とはいえ何があるかわからないので、まともと評判の最大手タクシー会社、メイリンの緑色のタクシーを捕まえましょう。

メイリンのタクシーはこんなデザインです。

DSC00035

そして、さっき両替したお金の中から50,000ドン札3枚を見せて、この150,000ドンぴったりで、ファングーラオとデータムの交差点まで行けますか?これしかお金がないんだと運転手に言って見よう。

OKだったら、何度も念押ししてから乗車。

走り出すとメーターが動き出しますが、これは関係ないよね、見る必要ないよね、150,000ドンで固定だよねと何度も念押ししましょう。

運転手さんは素直にうんそうそうと言っていました。

走りながら、さり気なく運転手さんのIDカードを写真に取ります。

DSC00010

あえて運転手さんにわかるようにやりましょう。

無事到着!

これで私はなんのトラブルもなく安宿街のファングーラオ・ブイビエンエリアまで行くことができました。

乗車時間20分ぐらい。

DSC00020

着いたら約束通り150,000ドンを渡して降りましょう。

ただ、実際のメーターは121,000ドンだったので、30,000ドンほど正規料金より多く払ったことになります。

DSC00016

これは安全のためのコスト、ちゃんと連れて来てくれた運転手さんへのチップだと思って潔く諦めましょう。

振り返り

インターネットやガイドブックでは、国際線ターミナルで公式タクシーチケットを購入する方法が推奨されています。

実際、国際線ターミナルにあるタクシーチケット売り場では、3店舗まわったらどこも公式なのに料金が違いました。

200,000ドン、210,000ドン、220,000ドン。

多少のふっかけが入ってるのかもしれません。

DSC00004

しかも国際線ターミナルで乗ればタクシーチケット利用でもトラブルが発生しているようです。

それに比べれば、今回ご紹介方法は150,000ドン固定なので安上がりです。

メーターより高くついたとしても、最初にこちらから約束した金額はちゃんと払いましょう。

値切り交渉しても、逆にトラブルの元になるだけです。

運転手さんいわく、今回はメーター121,000ドンで来れたが、渋滞しているときは150,000ドンを超えることもあるといっていました。

DSC00013

私はこの方法でうまく行きましたが、やはり何が起こるかわからないので絶対ではありません。

あくまでも参考程度にとらえてください。同じ方法をやってみるのは構いませんが、自己責任でお願いします。

最後に、日本を出発してホーチミンに到着するまでの出来事を動画にしてまとめて置きましたのでどうぞ!

https://youtu.be/r3oaYdQ1c9A

Sponsored Links

If you have any comments or questions, please don't hesitate to contact me.

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)