「 マッサージ 」List

[ラオス][ルアンナムター]3種類以上のハーブをそのままドラム缶にぶち込んで蒸し風呂にするハーバルサウナ。弥生時代のような掘っ立て小屋が魅力的

DSC04788

ラオスと言ったらハーバルサウナ、といずれ言われる時が来るでしょう。

それくらいラオスのハーバルサウナは最高です。

特にこのルアンナムターのサウナはローカル感たっぷりで、毎日でも行きたくなります。

ルアンナムターに来たら、勇気を出して1回は行ってみよう!

外観

なかなか珍しい、高床式の掘っ立て小屋です。

DSC04642

田舎ならではですね。

床の下のドラム缶でハーブを煮詰めて、上のサウナ部屋にさわやかいい匂いの蒸気を供給します。

DSC04635

サウナの中

床は竹を編み込んであるだけで、所々穴が開いていたりして、下の地面が見えます。

DSC04634

基本的には裸足で歩きましょう。

昔懐かしいテレビも付いています。

奥には水くみ式のシャワーがあります。

DSC04759

ちゃんとトイレも。

着替え部屋ももちろんあります。

DSC04788

入り方

完全に手ぶらで来て大丈夫です。

お店の人にサウナと言って、男性は腰巻き、女性は大きい風呂敷のようなものをもらいましょう。

DSC04789

着替え部屋ですっぽんぽんにその布を見につけ、荷物は鍵付きロッカーに。

サウナ部屋は男女別の表示が出ていますが、関係なく男女混浴なので、好きな方に入って大丈夫なようです。

部屋によって暑さが違うので、体調に合わせて部屋を変えてもいいでしょう。

そしてサウナ部屋のドアを開けたらびっくり、真っ暗で何も見えません。

DSC04640

とりあえず壁伝いにイスが置いてあるので座り、目が慣れてくると先客がいることに気がついたりします。

新鮮なハーブの香りとちょっと低めの温度が実に快適で、ダラッダラに汗をかきながらぼんやりするのが、マッサージなどにはない、最高のリラックスになります。

暑くて我慢できなくなったら休憩。

ヤカンとコップがあるので、優しい味のお茶を頂きぐったり。

DSC04637

そんなことを2時間ぐらい繰り返せば、1日の疲れが完全に取れます。

タオルも貸してくれるので、汗を流して着替えましょう。

終わって帰るころにはぐでーっとしているでしょう。

DSC04641

時間、料金

毎日16時から22時。

何時間いても構いません。

料金は15,000kip(約225円)。

DSC04639これだけリフレッシュしてこの料金ならとってもオトクです。

マッサージ

マッサージのサービスもやっていて、1時間50,000kip(約750円)。

サウナの後でやったら気持ちいいんでしょね。

DSC04643

客層

ほぼ現地人しかいません。

7割は女性客で、若い人からおばあちゃんまで、毎日幅広く来ています。

たまに、美容のためか体中にヨーグルトを塗っている人もいます。

DSC04636

旅行者でも気にされることが全くないので気軽に入れます。

むしろ現地のおばちゃんが、今日はぬるいね、なんてラオス語で話しかけてくるぐらいです。

まとめ

ルアンナムターに来たら絶対にこのハーバルサウナに行きましょう。

温泉好き、サウナ好きの日本人なら特に気に入ると思います。

DSC04630

何よりも、このラオスの山奥の田舎町で、ボロッボロの掘っ立て小屋で現地人と一緒にサウナに入っているのがいい思い出になります。

美容にもいいですしね!

場所

下の地図の(5)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ルアンナムター

(1)梁可厨房。日本人好みの味を元気なオヤジがだしてくれるリャンガラーメン。

(2)竹の橋。驚くほど手作り。こんなにシンプルで丈夫な橋は見たことがない。

(3)新沙門ゲストハウス。高級家具屋を営んでいる宿屋。調度品が格調高いのに宿代はお手頃。

(4)ナイトマーケット。ローカルフードが食べられる旅行者の憩いの場。

(5)ハーバルサウナ。レモングラスの香りが心地よい、木造高床式の掘っ立て小屋サウナ。毎日通おう。

(6)モーニングマーケット。たまに少数民族の人たちも紛れているので出会いがあるかも。


[マレーシア][ペナン]ペナンで泊まるべきバックパッカー向けの安宿は、1泊32リンギ(約1,000円)のROOM MATES GUEST HOUSEで決まり!

IMG_20150120_150804

ドミトリーだけのシンプルな宿です。

静かで清潔で立地良し。

短期でも長期でもおすすめです。

値段

ドミトリーのみの宿で、1泊32リンギ(約1,000円)。

ペナンの安宿としては標準的な価格です。

低予算で外こもりしたい人にオススメ。

IMG_20150120_150804

しかも朝食としてパン・紅茶が無料です。

宿ではビールを1本6リンギ(約180円)で売っていて、また包丁とまな板も使わせてもらえます。

IMG_20150122_203504

立地・アクセス・治安

LEBUH CHULIA通りからLORONG CHULIA通りに入ってすぐの左手。

街でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

下の地図の(8)です。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ジョージタウン周辺

ペナンmap1 - コピー - コピー

ペナン島全体

ペナンmap2

(1)ボーリング場。たまにプロの人が練習してるから、その隣のレーンになっちゃったら恥ずかしくて投げらんないよ。

(2)足つぼマッサージ屋。繁華街の怪しい雰囲気のエリアにある優良店。真面目なお兄さんがゴリゴリやってくれる。

(3)私は知らないという名前のコンビニ。抜群のネーミングセンスに脱帽しに行こう。

(4)同楽旅社。深夜特急で沢木耕太郎、大沢たかおが泊まったあの娼婦の宿がまだあった!徹底的に潜入取材!最新情報!

(5)GAMA。コムターのすぐ足元にある大型ショッピングセンター。日本食、日本酒も手に入る。生活用品も何でも手に入る。

(6)魚釣りするならここ。海岸の岩の上に座ってのんびりギマを釣ろう。とっても穏やかな時間が流れる。

(7)ペナンタイムトンネル。名前は過ごそうだけど普通の歴史博物館。併設されてる3Dトリックアート展示場は結構すごくて子供大喜び。

(8)ROOM MATE GUEST HOUSE。ジョージタウン最安圏のドミトリー宿。超清潔で超快適。ぜひここに泊まるべき。

(9)ペナンで1番安いビールはここで買える。他にもウイスキーやテキーラなどをほぼ路面販売していて、昼間から呑んだくれがフラフラ。

(10)リトルインディアのサモサ屋。激安なので小腹が空いた時に持って来い。宿に持ち帰って食べるのもOK。

(11)サイババ会館。シルディサイババ関連の資料が展示・販売されており、食事は毎日無料で提供される。ぜひ行ってみよう。

(12)インド料理の大衆食堂。量が多いので、うっかり注文し過ぎると申し訳ない感じになる。が、うまい。

(13)鉄板の釣り道具屋シマノ。世界中どこ行ってもシマノがあれば安心です。どこの国でもシマノの商品はいいって言われます。

(14)ペナンの街のバスは乗り方をマスターすれば超便利。しかも無料の回遊バスとか何かしら毎日乗ってしまう。

(15)海の桟橋。夕方の景色がとてもキレイで、海の真ん中から沈む夕陽が見れる。魚も釣れます。

(16)テル・バハーン。ペナン島の最北東にある静かな漁村。釣りのアクティビティ以外は何もない。

(17)アーベンゲストハウス。深夜特急で沢木耕太郎、大沢たかおが泊まった、変わったご主人とケンちゃんの宿を徹底取材!最新版!

(18)バトゥフェリンギ。沢木耕太郎氏が深夜特急で訪れたビーチのある有名な場所。

(19)ボタニカルガーデン。これは、絶対に行ってはダメ!!あまりにもつまらなすぎてビックリします。

(20)バタフライパーク。ビニールハウス内に何万羽もの蝶が乱舞。これは盛り上がります。女子は絶対に行こう。

夜は玄関に鍵をかけるので安心です。

帰りが深夜になってもノックすれば開けてくれます。

外観

シンプルです。

IMG_20150118_193118

部屋・リビング・バスルームなどの環境

1階が受付とリビングになっていて、2階がドミトリーになっています。

ドミトリーは2段ベッドで1部屋8人。

2部屋あります。

IMG_20150116_203257

この宿のオススメな点は、各ベッドにカーテンが付いているので、ドミトリー形式にも関わらず自分だけの世界に閉じこもれることです。

また各ベッドにはライトも備え付けられており、夜中に本を読んだりすることも周りをそれほど気にすることなくできます。

従業員・宿泊客

親切なオジサン2人とお兄さんの3人でまわしています。

IMG_20150120_150855

宿泊客はなぜか欧米系のガールズパッカーが多かったです。

Wi-Fi環境

しかもWi-Fiはもちろんのことエアコンも完備しているので、適度な涼しさの中、1日中ゴロゴロしながらネットサーフィンなんてことも可能です。

備え付けのパソコンも自由に使えますので、デジカメやスマートフォンのデータ整理なんかもできます。

IMG_20150125_080002

セキュリティ

セキュリティボックスあります。

まとめ

ドミトリーに宿泊しながら旅をしていると、どうしても他の旅人とのコミュニケーションが発生します。

そんな他人とのやり取りに疲れた時に、引きこもりという安らぎを与えてくれる、貴重な宿。

IMG_20150130_085614

ノーストレスでぼんやり長期滞在できます。


[マレーシア][ペナン]とりあえずこれだけはインプットしておこう。ペナンに行く前に押さえておきたい4つのポイント

IMG_20150125_093521

ペナンに行く前に押さえておくと便利であろう、街の概要を簡単にご紹介します。

この街をひと言でいうと・・・

マレーシアの東海岸にある、世界遺産に登録された観光都市です。

なお、wikipediaにはざっくり以下のように説明されています。

ペナン島 (ペナンとう、マレー語:Pulau Pinang, Penang, 檳島) は、マレー半島の西方、マラッカ海峡に位置するである。対岸のマレー半島部分バターワースと合わせてマレーシアペナン州を構成している。。

wikipedia 「ペナン島」より引用

 

街でよく見る観光地図と、おすすめスポットの場所

街でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ジョージタウン周辺

ペナンmap1 - コピー - コピー

ペナン島全体

ペナンmap2

(1)ボーリング場。たまにプロの人が練習してるから、その隣のレーンになっちゃったら恥ずかしくて投げらんないよ。

(2)足つぼマッサージ屋。繁華街の怪しい雰囲気のエリアにある優良店。真面目なお兄さんがゴリゴリやってくれる。

(3)私は知らないという名前のコンビニ。抜群のネーミングセンスに脱帽しに行こう。

(4)同楽旅社。深夜特急で沢木耕太郎、大沢たかおが泊まったあの娼婦の宿がまだあった!徹底的に潜入取材!最新情報!

(5)GAMA。コムターのすぐ足元にある大型ショッピングセンター。日本食、日本酒も手に入る。生活用品も何でも手に入る。

(6)魚釣りするならここ。海岸の岩の上に座ってのんびりギマを釣ろう。とっても穏やかな時間が流れる。

(7)ペナンタイムトンネル。名前は過ごそうだけど普通の歴史博物館。併設されてる3Dトリックアート展示場は結構すごくて子供大喜び。

(8)ROOM MATE GUEST HOUSE。ジョージタウン最安圏のドミトリー宿。超清潔で超快適。ぜひここに泊まるべき。

(9)ペナンで1番安いビールはここで買える。他にもウイスキーやテキーラなどをほぼ路面販売していて、昼間から呑んだくれがフラフラ。

(10)リトルインディアのサモサ屋。激安なので小腹が空いた時に持って来い。宿に持ち帰って食べるのもOK。

(11)サイババ会館。シルディサイババ関連の資料が展示・販売されており、食事は毎日無料で提供される。ぜひ行ってみよう。

(12)インド料理の大衆食堂。量が多いので、うっかり注文し過ぎると申し訳ない感じになる。が、うまい。

(13)鉄板の釣り道具屋シマノ。世界中どこ行ってもシマノがあれば安心です。どこの国でもシマノの商品はいいって言われます。

(14)ペナンの街のバスは乗り方をマスターすれば超便利。しかも無料の回遊バスとか何かしら毎日乗ってしまう。

(15)海の桟橋。夕方の景色がとてもキレイで、海の真ん中から沈む夕陽が見れる。魚も釣れます。

(16)テル・バハーン。ペナン島の最北東にある静かな漁村。釣りのアクティビティ以外は何もない。

(17)アーベンゲストハウス。深夜特急で沢木耕太郎、大沢たかおが泊まった、変わったご主人とケンちゃんの宿を徹底取材!最新版!

(18)バトゥフェリンギ。沢木耕太郎氏が深夜特急で訪れたビーチのある有名な場所。

(19)ボタニカルガーデン。これは、絶対に行ってはダメ!!あまりにもつまらなすぎてビックリします。

(20)バタフライパーク。ビニールハウス内に何万羽もの蝶が乱舞。これは盛り上がります。女子は絶対に行こう。

日本人が移住したい国No.1のマレーシアの中でも、特に移住したい街No.1のペナンをたっぷり味わう!!!

なんでも揃います。

なんでも安めで。

衣食住。

和洋中。

東洋西洋。

動静。

どこでもまったりいつでもまったり。

というかまったり。

遊んでも遊ばなくても。

寝てても起きてても。

全てがノーテンションで過ぎていきます。

この感覚、好きです。


[マレーシア][ペナン]超穴場で楽しめる!深夜特急で大沢たかおが泊まった売春宿の同楽旅社(Tong Lock Bar)は、個室キャバクラになっていた!2015動画あり!

IMG_20150128_210755

同楽旅社(Tong Lock Bar)は、深夜特急のペナン編で沢木耕太郎(大沢たかお)が泊まったジョージタウンの売春宿です。

潜入取材してきました。

深夜特急’96 熱風アジア編3-2

今の同楽旅社(Tong Lock Bar)って何屋さん?

今の店内はこんな感じです。

IMG_20150128_210017

1990年代の映画深夜特急の撮影当時は「同楽旅社」という名前で売春宿でしたが、2000年代にオーナーが何度か変わりました。(いずれも中国系)

IMG_20150129_183204

中国人向けの「金杯冷気酒座 Tong Lock Bar」「Fortune BEER Garden」を経て、現在は「快楽冷気酒座 VIVA Musical Restaurant」という名前で個室キャバクラ兼カウンターバーになっています。

IMG_20150129_183224

現在は宿泊はできません。

私が1人で夜に飲みに行ったところ、うさん臭い外観通り、店内も極めていかがわしいバーでした。

女性でも入れます。

IMG_20150128_210755

店内に入るとユーロビートが大音量でかかっており、マネージャー風のオジサンとピッチリしたミニスカ服を着た女の子がスマホをいじったりテレビを見たりしていました。

どうやって楽しむの?

私はカウンターでビールを飲みながらオジサンや女の子たちと話していましたが、追加で30リンギ(約900円)払えば気に入った女の子と個室で飲むことができるそうです。

個室でなくても、女の子がヒマそうにしてればカウンターから絡むことができます。

もちろん無料です。

IMG_20150128_210008

店名にレストランとかバーとか名前がついてますが、実際は日本のキャバクラみたいに若い女の子とキャッキャと盛り上がって楽しむお店のようです。

個室。

IMG_20150128_205752

私が飲んでる最中も、スラッとした金髪の綺麗な女の子が、マレーシアの金持ち風のオジサンを連れて同伴出勤してました。

お店の女の子は中国系とベトナム系で、20歳〜30歳と年齢層広いです。

IMG_20150128_205824

私が行ったときは人懐っこくてかわいい子が多かったです。

お手洗い。

IMG_20150128_204013

料金体系

お酒の料金テーブル。

タイガービールは1本15リンギ(約450円)。

IMG_20150128_212439

明朗会計でした。

やはり深夜特急の影響で日本人の客は結構来るとのことです。

Screenshot_2015-01-28-07-24-56

マネージャー風のオジサンもとてもフランクなので、お店の歴史とか聞けばいろいろ教えてくれます。

Screenshot_2015-01-28-07-29-16

Screenshot_2015-01-28-07-27-12

秘密のサービス?

不思議なほどガラガラに広い店内ですが、週末や中国の旧正月はフロアが満員になるそうです。

IMG_20150128_205710

さらに追加で200リンギ(約6,000円)出せば、女の子によっては「秘密のサービス」があるとも言っていました。

IMG_20150128_201242

試した人はレポートお願いします。

場所

JALAN PENAN通りの立体交差点をJALAN BURMA通りに曲がって徒歩3分ぐらい。

左手に快楽冷気酒座の看板が出ています。

街でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

下の地図の(4)です。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ジョージタウン周辺

ペナンmap1 - コピー - コピー

ペナン島全体

ペナンmap2

(1)ボーリング場。たまにプロの人が練習してるから、その隣のレーンになっちゃったら恥ずかしくて投げらんないよ。

(2)足つぼマッサージ屋。繁華街の怪しい雰囲気のエリアにある優良店。真面目なお兄さんがゴリゴリやってくれる。

(3)私は知らないという名前のコンビニ。抜群のネーミングセンスに脱帽しに行こう。

(4)同楽旅社。深夜特急で沢木耕太郎、大沢たかおが泊まったあの娼婦の宿がまだあった!徹底的に潜入取材!最新情報!

(5)GAMA。コムターのすぐ足元にある大型ショッピングセンター。日本食、日本酒も手に入る。生活用品も何でも手に入る。

(6)魚釣りするならここ。海岸の岩の上に座ってのんびりギマを釣ろう。とっても穏やかな時間が流れる。

(7)ペナンタイムトンネル。名前は過ごそうだけど普通の歴史博物館。併設されてる3Dトリックアート展示場は結構すごくて子供大喜び。

(8)ROOM MATE GUEST HOUSE。ジョージタウン最安圏のドミトリー宿。超清潔で超快適。ぜひここに泊まるべき。

(9)ペナンで1番安いビールはここで買える。他にもウイスキーやテキーラなどをほぼ路面販売していて、昼間から呑んだくれがフラフラ。

(10)リトルインディアのサモサ屋。激安なので小腹が空いた時に持って来い。宿に持ち帰って食べるのもOK。

(11)サイババ会館。シルディサイババ関連の資料が展示・販売されており、食事は毎日無料で提供される。ぜひ行ってみよう。

(12)インド料理の大衆食堂。量が多いので、うっかり注文し過ぎると申し訳ない感じになる。が、うまい。

(13)鉄板の釣り道具屋シマノ。世界中どこ行ってもシマノがあれば安心です。どこの国でもシマノの商品はいいって言われます。

(14)ペナンの街のバスは乗り方をマスターすれば超便利。しかも無料の回遊バスとか何かしら毎日乗ってしまう。

(15)海の桟橋。夕方の景色がとてもキレイで、海の真ん中から沈む夕陽が見れる。魚も釣れます。

(16)テル・バハーン。ペナン島の最北東にある静かな漁村。釣りのアクティビティ以外は何もない。

(17)アーベンゲストハウス。深夜特急で沢木耕太郎、大沢たかおが泊まった、変わったご主人とケンちゃんの宿を徹底取材!最新版!

(18)バトゥフェリンギ。沢木耕太郎氏が深夜特急で訪れたビーチのある有名な場所。

(19)ボタニカルガーデン。これは、絶対に行ってはダメ!!あまりにもつまらなすぎてビックリします。

(20)バタフライパーク。ビニールハウス内に何万羽もの蝶が乱舞。これは盛り上がります。女子は絶対に行こう。

 


[マレーシア][ペナン]驚愕の事実が発覚!深夜特急で大沢たかおが泊まったアーベンゲストハウスAh Beng Guest Houseの現在を徹底取材2015!!!

Screenshot_2015-01-28-07-41-28

アーベンゲストハウスAh Beng Guest House。

深夜特急’96 熱風アジア編3-3

深夜特急のペナン編で、沢木耕太郎(大沢たかお)が泊まったバトゥフェリンギ(バツーフェリンギ)の安宿です。

バックパッカーたちの巡礼地として扱われていますが、2015年現在、どのようになっているのでしょうか。

行き方

ジョージタウン側から行く場合は、路線バスに乗り高級リゾートホテルのHoliday INNを過ぎてすぐに降ります。

IMG_20150127_150518

ビーチを歩いて向かう場合は、MARAKAAY CAFEが目印で、バトゥフェリンギビーチのZONE Cです。

IMG_20150127_135439

海に出たら、ひたすら左に歩いていきます。

IMG_20150127_144720

この辺り!

IMG_20150127_141941

いざ、アーベンゲストハウスは・・・?

存在しません!

2013年頃まではビーチ沿いの大きな木の後にありましたが、もはや完全に取り壊されました。

IMG_20150127_151923

近所のビーチボーイズや住民に徹底インタビューしましたが、やはり取り壊されているようです。

Screenshot_2015-01-28-07-29-16

ちなみに、以前アーベンゲストハウスがあった場所にはby the seaという中国人用のコンドミニアム(宿泊施設)を建設中です。

2015年1月時点、ここにも中国資本が入ってきています。

IMG_20150127_150019

建設現場付近に置いてあったブランコを発見しました。

IMG_20150127_152134

物干しとして使われているようですが。

これがあの映画の中に登場する、宿のご主人と話をしていたブランコだろうか…。

Screenshot_2015-01-28-07-41-28

時計売りのケンちゃんはどうなったか

アーベンゲストハウスのせがれで、大沢たかおと仲良くレストランに行ったシーンが印象的なケンちゃん。

アーベンゲストハウスが取り壊されたあとは、近所でタクシー運転手をしていましたが、2015年、病気によりお亡くなりになっています。

IMG_20150127_144814

なお、変わり者の宿のご主人も、ずいぶん前にお亡くなりになっています。

深夜特急の撮影当時のお話は、浜辺にたむろしているビーチボーイズ(日本語しゃべれる)がとても詳しく教えてくれます。

周辺の歩き方

バトゥフェリンギで安宿を探すなら、ババゲストハウスBA BA Guest Houseがビーチに近く広々としててオススメです。

IMG_20150127_145451

シングル1泊60リンギ(約1,800円)ですが、1階のシービューでない部屋なら25リンギ(約900円)の部屋があります。

IMG_20150127_145146

宿のおかみさんに聞いてみると隠していた安部屋を教えてくれます。

場所はアーベンゲストハウスのあった場所のすぐ近くです。

バトゥフェリンギで空を飛ぶ!

こんな遊びもあります。

アーベンゲストハウスの場所を地図上で確認しよう!

街でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

下の地図の(17)です。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ジョージタウン周辺

ペナンmap1 - コピー - コピー

ペナン島全体

ペナンmap2

(1)ボーリング場。たまにプロの人が練習してるから、その隣のレーンになっちゃったら恥ずかしくて投げらんないよ。

(2)足つぼマッサージ屋。繁華街の怪しい雰囲気のエリアにある優良店。真面目なお兄さんがゴリゴリやってくれる。

(3)私は知らないという名前のコンビニ。抜群のネーミングセンスに脱帽しに行こう。

(4)同楽旅社。深夜特急で沢木耕太郎、大沢たかおが泊まったあの娼婦の宿がまだあった!徹底的に潜入取材!最新情報!

(5)GAMA。コムターのすぐ足元にある大型ショッピングセンター。日本食、日本酒も手に入る。生活用品も何でも手に入る。

(6)魚釣りするならここ。海岸の岩の上に座ってのんびりギマを釣ろう。とっても穏やかな時間が流れる。

(7)ペナンタイムトンネル。名前は過ごそうだけど普通の歴史博物館。併設されてる3Dトリックアート展示場は結構すごくて子供大喜び。

(8)ROOM MATE GUEST HOUSE。ジョージタウン最安圏のドミトリー宿。超清潔で超快適。ぜひここに泊まるべき。

(9)ペナンで1番安いビールはここで買える。他にもウイスキーやテキーラなどをほぼ路面販売していて、昼間から呑んだくれがフラフラ。

(10)リトルインディアのサモサ屋。激安なので小腹が空いた時に持って来い。宿に持ち帰って食べるのもOK。

(11)サイババ会館。シルディサイババ関連の資料が展示・販売されており、食事は毎日無料で提供される。ぜひ行ってみよう。

(12)インド料理の大衆食堂。量が多いので、うっかり注文し過ぎると申し訳ない感じになる。が、うまい。

(13)鉄板の釣り道具屋シマノ。世界中どこ行ってもシマノがあれば安心です。どこの国でもシマノの商品はいいって言われます。

(14)ペナンの街のバスは乗り方をマスターすれば超便利。しかも無料の回遊バスとか何かしら毎日乗ってしまう。

(15)海の桟橋。夕方の景色がとてもキレイで、海の真ん中から沈む夕陽が見れる。魚も釣れます。

(16)テル・バハーン。ペナン島の最北東にある静かな漁村。釣りのアクティビティ以外は何もない。

(17)アーベンゲストハウス。深夜特急で沢木耕太郎、大沢たかおが泊まった、変わったご主人とケンちゃんの宿を徹底取材!最新版!

(18)バトゥフェリンギ。沢木耕太郎氏が深夜特急で訪れたビーチのある有名な場所。

(19)ボタニカルガーデン。これは、絶対に行ってはダメ!!あまりにもつまらなすぎてビックリします。

(20)バタフライパーク。ビニールハウス内に何万羽もの蝶が乱舞。これは盛り上がります。女子は絶対に行こう。