[ラオス][パクセー、シーパンドン]デット島での安宿は、ボート乗り場から徒歩15分、村の端っこにあり人のほとんど通らないママモン&パパゲストハウスMAMA MON &PAPA GUEST HOUSEで決まり

DSC05598

ボート乗り場からは1本道ですがちょっと離れているため、この宿までたどり着く旅行者はほぼいません。

その分静かで人の声も聞こえず、ハンモックでゴロゴロしてるのに最適です。

DSC05594

ここは知る人ぞ知る穴場です。

値段

ダブルベッドのバンガローが、1泊30,000kip(約450円)。

ラオスを1周しましたが、ここが最安値でした。

DSC05596

場所

下の地図の(4)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

パクセー

シーパンドン

(1)サバイディー2ゲストハウス。立地、環境よし、いかにもバックパッカー向け。

(2)デット島のボート乗り場。ちょうどよいぬるさと流れでのんびり泳げます。

(3)サモサ屋。軽食の少ないデット島ではありがたい、安い1品物。店員さんがたまにいない。

(4)ママモン&パパゲストハウス。ボロボロの穴場的安宿。静かでちょうどいい立地。

(5)コーン島の入り口。ここまで歩いて40分ぐらい。ひたすら田舎道が続きます。

アクセス・治安

デット島のボート乗り場から徒歩15分。

DSC05595

メコン川沿いに歩いて、ゲストハウスやレストランが途切れる一番最後のところに打ち捨てられたようにあります。

外観

レストラン兼ゲストハウスです。

バンガローは編み込み式。

DSC05598

宿の向かいには新しい家を建てています。

DSC05654

部屋・リビング・バスルームなどの環境

ベッドには蚊帳も着いています。

DSC05597

トイレ、シャワーが各部屋に1つ付いているのがありがたいです。

シャワーは温水なしで、たまに茶色い水が出てくるのはご愛嬌です。

DSC05647

従業員・宿泊客

ラオス人の家族と数匹のかわいい子ネコで営んでいます。

あと、宿のご主人自慢のオウムのような鳥を飼っているのですが、これが実にきれいな声で鳴きます。

DSC05613

たまにボーペンニャンとか喋ったりします。

チェックインとかの手続きはなくて、ここに泊まらせてくれ、ああいいよ、といった感じでした。

旅立つ時に、何日泊まったからいくらねって自己申告して払います。

DSC05609

他に宿泊客はいませんでした。

Wi-Fi環境

Wi-Fiは少し遅いですが、20Mbpsぐらいです。

DSC05621

セキュリティ

出かける時はバンガローにちゃんと鍵をかけて、セキュリティを確保しましょう。

DSC05659

まとめ

何よりリバービューのハンモックが快適すぎる!

DSC05612

シーパンドンはほぼすることがないので、一日中ハンモックでゆらゆらしているのが標準スタイルになります。

このさびれた感じがたまりません。

DSC05614

ハンモックから見た景色。

近所の子供たちが川で遊んでいます。

Sponsored Links

If you have any comments or questions, please don't hesitate to contact me.

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)