[ラオス][ムアンゴイ]奥まったバンガローでハンモックを。1泊40,000kip(約600円)のPHONEVILAI GUEST HOUSEでまったり過ごそう

DSC05355

ムアンゴイで最安ラインなのに、しっかりした宿で、立地も良く、商店もやっているので困ることはありません。

ムアンゴイで1番のオススメ宿です。

値段

バンガローがダブルベッドが付いて、1泊50,000kip(約750円)。

DSC05222

蚊帳を下ろしたところ。

DSC05272

夜には宿の前で鳥の足を焼いていて、1本1,000kip(約15円)。

DSC05270

場所

下の地図の(4)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ムアンゴイ

(1)Rainbow GUEST HOUSE。2階からの眺めがいい。

(2)Happy Hourをやってるメインストリート入り口のバー。朝は欧米人はみんなここでご飯食べる。

(3)たまにやってるモーニングマーケット。衣服が充実。

(4)PHONEVILAI GUEST HOUSE。奥まったバンガローが清潔でオススメ。

(5)VERANDAレストラン。名前の通り全てがまったりしている。

アクセス・治安

メインストリートの中ほどにある、雑貨屋兼ゲストハウスです。

DSC05217

この村では、ペットボトルの水を宿のウォーターサーバーで補充するのは有料です。

大きいボトルは3,000kip(約45円)、小さいボトルは1,000kip(約15円)です。

DSC05268

外観

バンガローの醸し出す、森の中感。

DSC05220

DSC05221

部屋・リビング・バスルームなどの環境

リバービューではありませんが、通りから少し入った中庭にひっそりとバンガローが建てられていて、とても静かで落ち着きます。

自転車の貸出もやっていて、1日50,000kip(約750円)です。

DSC05218

意外と高い。

雑貨屋も兼ねているので、ビールや飲み物などたいていのものは揃っています。

DSC05348

ツナサンドイッチをもらったら、軽く炙ったパンに、ツナ缶1つをまるごとはさんで、それだけの物が出てきました。

DSC05359

すごい迫力と油感。

20,000kip(約300円)と意外と高い。

従業員・宿泊客

ラオス人の家族で経営しており、2人の娘さんが賢そうでかわいらいしいです。

DSC05355

宿の人はあまり英語が喋れませんが、単語単語で聞き取ってくれます。

DSC05352

中年の欧米人旅行者がのんびり宿泊してました。

Wi-Fi環境

Wi-Fiはありませんが、近所のカフェで無料サービスしてるので、困ることはありません。

DSC05340

セキュリティ

バンガローは個室なので、鍵の管理をしっかりすればセキュリティは問題ないでしょう。

DSC05333

そもそもみんな顔見知りであろうこの小さ過ぎる村で、どのような犯罪が起こるのか想像できません。

まとめ

、宿の前で焼いている焼き鳥の足を食べながらビールを飲むのが、最高のしっぽりタイムでオススメです。

DSC05351

コリコリしてて、ビールにピッタリです。

街灯のない暗い夜道を宿の主人と一緒に眺めていると、村の人々も暇なのか、ふらふらと出歩いて近所の人と無駄話してはまたふらふらどこかへ歩いて行きます。

DSC05343

Wi-Fiがないことを除けば実に過ごしやすいいい宿です。

DSC05266

DSC05267

電気も24時間通っています。

Sponsored Links

If you have any comments or questions, please don't hesitate to contact me.

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)