[ラオス][ルアンナムター]田舎の町ルアンナムターでやるべき暇つぶし4つ!

DSC04720

ルアンナムターは特にこれといった観光名所はありません。

欧米人がよくトレッキングやカヌーにでかけていますが、そういったハードなアクティビティをしない方には、何もしなくていい町です。

町の隅々を歩いていればいろいろなものに出会って退屈することはありませんが、一応暇つぶしになることをまとめておきます。

少数民族めぐり

ルアンナムターの近くには少数民族の村がいくつかあります。

DSC04616

ランテン族や黒タイ族、アカ族などが多いです。

1日ガイド付きで廻るツアーを申し込めば1人30ドルが相場です。

DSC04703

でも道が簡単なので、バイクを借りて行くこともできます。

バイクはナイトマーケットの向かいのレンタル屋さんで1日50,000kip(約750円)。

DSC04653

地図もくれます。

DSC04654

少数民族の村。

DSC04661

町から近いので、ここら辺の少数民族は、町の人とあまり変わらない生活をしています。

民族衣装も着ていませんし、村に電気水道がしっかり通っています。

小さなナムディーの滝。

DSC04670

田園風景が広がります。

アカ族の村へは、塗装されていないデコボコの山道を10キロ走らなければならないので、とても危険で疲れるのでオススメできません。

バイクではまず行けません。

DSC04708

町のミュージアムに行けば少数民族の民族衣装が展示してあります。

梁可厨房ラーメン屋

中国の重慶出身のリャンガさんというご主人がやっているラーメン屋で、非常に日本人好みの味でオススメです。

DSC04754

優しい味のフーやカオソイに飽きた方はぜひ行って見ましょう。

リャンガラーメンの看板。

DSC04755

中華料理にしてはお値段も良心的。

鳥の足の漬物をサービスで付けてくれる。

DSC04750

DSC04752

そして何よりも、この店のビールが、ルアンナムターで1番冷えている!

小さいコップでチビチビやるのがいい感じです。

DSC04751

面を数種類から選べますが、やはり黄色い色をした太麺がラーメンっぽくて美味しいです。

DSC04749

数種類のタレを混ぜてスープを作っており、食べる前に全体をかき混ぜるのが正しい食べ方だそうです。

ご主人がいつ行っても元気が良くて、毎日同じ服を着ていて、ほんの少日本語も喋れるので、遊びがてらご飯を食べに行くのにいいでしょう。

DSC04755

日本のラーメン屋を思い出させるのが、この町外れの小さな店ではやたらと日本人に会います。

DSC04753

竹製の橋

間近で見るとちょっとびっくり、完全にお手製の橋が、現地人の大切な通路になっています。

DSC04728

竹を籠状に編んでその中に石を入れ、川の中に置いたら橋の足の完成です。

その上を、木の枝を釘で板状に固定しただけの物を置けば、橋のできあがり。

DSC04720

徒歩、自転車、バイクまで、この細い橋を渡って行きます。

徒歩ならすれ違えますが、バイクの場合は一方通行です。

歩いてみたら、意外としっかりしています。

DSC04721

そして橋のたもとでは、近所の住民が洗濯兼お風呂に、川に入ってジャブジャブやっています。

これだけ質素な橋は世界でも珍しいのではないでしょうか。

DSC04719

ツーリストインフォメーションを川の方に奥に奥に行けばあります。

近所の田舎の風景

ルアンナムターは、町のメインストリートと平行してナムター川が流れていて、反対側は崖になっています。

DSC04808

崖沿いに歩いていれば、まったりとした田舎の風景にであえます。

ニワトリが道を歩いていて、木造高床式の住居があって、人々は庭でぼんやりしています。

DSC04580

昼間っから酒盛りしている人たちもいて、挨拶すると半ば強制的に酒盛りに参加させられたりします。

いい文化ですね。

DSC04608

最近では、どんなに田舎の風景でも、およそみんなスマートフォンを持っています。

Sponsored Links

If you have any comments or questions, please don't hesitate to contact me.

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)