[ラオス][ルアンパバーン]20時の閉店までいて15,000kip(約220円)。超快適な赤十字のサウナに行こう

DSC04351

あまり知られていませが、ラオスといったらハーバルサウナ。

ハーブたっぷりのサウナでダラダラに汗を流しましょう。

ルアンパバーンには、Lao Red Cross Sauna、赤十字サウナがあります。

ラオスのサウナってどんなところ?

サウナ部屋以外は男女混浴です。

DSC04374

6人入ったら一杯になるぐらいの狭いサウナ部屋で、ハーブを煮詰めた蒸気に蒸されて汗を流す場所です。

腰巻き、タオル、飲み物無料。

着替え室に手桶のシャワーも付いているという、なんともステキな場所です。

入り方

受付で料金の15,000kip(約225円)を払って、腰巻きとタオルをもらいます。

着替え室ですっぽんぽんに腰巻き1枚、女性は大きい布1枚に着替え、荷物は鍵付きロッカーにしまいましょう。

DSC04378

ここまでは男女一緒ですが、サウナに入る時は男女別の小部屋です。

サウナのドアを開けると、真っ暗で人がいるのかどうかもわかりませんが、とりあえず中に進み、壁沿いに置いてある椅子に座りましょう。

あとはじっと蒸されるだけ。

DSC04322

ダラッダラになるまで汗をかきます。

ハーブの匂いが心地良いです。

途中で休憩したくなったらサウナ部屋を出れば、飲み水としてあったかい紅茶が置いてあるのでいだだきます。

冷水じゃないのが残念ですが、温かい紅茶も意外とイケるので、案外ありです。

DSC04351

休憩所は半屋外なので、夜は星空を眺めることができます。

限界まで汗をかいたらシャワーを浴びて着替えましょう。

客層

9割は現地人、1割は旅行者ですが、特に特別扱いはされず、現地人に混じることができます。

DSC04349

DSC04350

場所

下の地図の(3)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ルアンパバーン

(1)ビラデサゲストハウス。小奇麗なドミトリー宿。開放的なテラスがいい感じ。

(2)赤十字サウナ。ラオスに来たら必ずサウナに行きましょう。ここは初心者向け。

(3)PhoneTravel。象使いのコースを手配してして、ライセンスが安く取得できる。

Sponsored Links

If you have any comments or questions, please don't hesitate to contact me.

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)