[ラオス][ビエンチャン]タイからラオスへの国境超えでやること7つ!

DSC04033

バンコクからノンカーイーまで鉄道かバスで辿り着いたら、いよいよ国境超えです!

基本的には全てを流れに任せればなんとかなりますが、不安な方のために詳細手順を書いておきます!

ノンカーイーに着いたら!

現地人、旅行者がゾロゾロと電車から降りてきます。

ノンカーイー駅の1日のタイムテーブルはこんな感じです。

DSC04013

駅前にはトゥクトゥクが待ち構えているので、ニッコリかわしましょう。

国境まではトゥクトゥクでも行けますが、歩いても余裕でいけます。

現地の生活を見てみたい方には歩きをオススメします。

駅を出たら左へ。

DSC04015

T字路にぶつかるので左へ。

DSC04016

ちなみに歩いているとトゥクトゥクおじさんが声を掛けてきますが、駅から歩くほどにおじさんの言い値の料金が安くなります。

駅前だと60Baht(約180円)なのが、2分歩くごとに40 Baht(約120円)、20Baht(約60円)と値下がりしていくのが面白いです。

さらにT字路にぶつかるので右に行くと、黄色い歩道橋が見えるので、それを超えたらもうイミグレーションオフィスです。

DSC04018

国境超え!

写真サービスは100Baht(約300円)。

DSC04019

出国カードを書いてカウンターにパスポートと一緒に出すだけで、何も言われずあっさり出国です。

DSC04022

歩いて友好橋を渡ろうと思いましたが、どの係員に聞いてもだめだっていうので諦めました。

出国ゲートを過ぎたところでバスのチケットが売っているので28Baht(約84円)で買いましょう。

DSC04025

こんなバスに乗ったら、超満員です。

DSC04028

5分ぐらい走ったら、メコン川!

DSC04027

なんで東南アジアの川ってどこも濁ってるんでしょうね。

そしてラオス側イミグレーションに到着!

DSC04029

日本人は15日間ならビザなしで入れるのですが、今回は長くいるつもりなので、30日間有効のアライバルビザを買います。

DSC04030

こんなカードに記入して、30USドル払えば、10分ぐらいであっさり発行してくれます。

写真は不要でした。

DSC04031

どこの国の人かによって料金は違うみたいですね。

ビザ取得者は入国手続きはする必要なくて、入国の自動化ゲートも通らず、横の通路からしれっと入国することになります。

DSC04033

入国完了!

ビエンチャンの安宿街まで安く行こう

入国と同時に大量のタクシー、トゥクトゥクおじさんが客引きしてきますが、ここではスルーしましょう。

DSC04032

ATMもたくさんありますが、やはりここでもMASTERカードは使えません。

VISAカードだけでした。

タクシー乗り場の斜め向かいに大衆食堂があり、そこがビエンチャンへのローカルバスの乗り場になっています。

DSC04035

緑色と日本のマーク、そしてタラートサオ、タラートサオと威勢よく叫んでいるおばちゃんが目印です。

DSC04034

タクシーだと200Baht(約600円)ですがローカルバスだと40Baht(約120円)です。

車内はこんな感じ。

DSC04036

エアコン完備、なかなか快適です。

これがラオス!

DSC04038

終点まで乗ってくとタラートサオバスターミナルまで行きますが、おばちゃんにナンプ広場まで行きたいんだ、と伝えておけば、途中で降ろしてくれて、ここをまっすぐ行って左に曲がれば着くよって教えてくれます。

DSC04040

タラートサオバスターミナルからナンプ広場までのトゥクトゥク代を考えたら途中で降りてあるいちゃうのがお得です。

人に道を聞きながら10分ほど歩いたら、噴水のあるナンプ広場に到着。

DSC04068

ビエンチャン観光はここを中心に歩き回ることになりますし、安宿もナンプ広場の前の通り沿いが多いです。

DSC04059

どっか行ってトゥクトゥクやタクシーで帰ってくるときも、とりあえずナンプと言えば通じます。

DSC04119

Sponsored Links

If you have any comments or questions, please don't hesitate to contact me.

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)