[ラオス][タイからラオスへ]あれ、まだカオサンに泊まってるの?あんなとこ何もないのに。東南アジアの中心地、フアランポーン駅の真ん前にある安宿BAAN HUALANPONは、1泊250Baht(約750円)で立地と環境が抜群にいい!

DSC05814

東南アジアの各国を電車やバスで周遊している人は多いでしょう。

そんな人々が必ず一度は訪れるのがバンコクの中心地にあるフアランポーン駅。

タイの周辺国へ行く際のスタート地点であり、旅の始まり、終わりの地点でもあります。

DSC05814

バンコクの安宿街といえばカオサン通りが有名ですが、どこに行くにもアクセスが悪く、外国人旅行者がウロウロしているだけで、よほどの海外旅行初心者でない限り、目新しい物には何一つ出会わないでしょう。

そんなカオサン通りはさっさと見切りを付けて、マイナーでも自分の旅に都合のいい宿に泊まって、旅の満足度をアップしませんか?

値段

ドミトリーが1泊250Baht(約750円)。

シングルルームは1泊270Baht(約810円)。

DSC05799

宿の周りには、似たようなゲストハウスが3件ぐらいあるので、この宿が満室でも、近くの宿にトライしてみましょう。

どこも清潔で、金額はそんなに変わりません。

場所

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

下の地図の(6)です。

バンコク

(1)ドローカルな大衆食堂。BBQポークがうまい

(2)オカマさんが受付してる静かな安宿、KAWIN PLACE Guest House

(3)カオサン通りの超便利なバス停。35番バスに乗ってフアランポーン駅に行こう!

(4)路地裏のぶっかけご飯屋さん。朝ごはんはここで決まり

(5)フアランポーン駅。全ての旅はここから始まる

(6)バーンフアランポーンゲストハウス。フアランポーン駅から徒歩3分。しかも快適で安いので超絶オススメ

アクセス・治安

国鉄、地下鉄のフアランポーン駅から徒歩3分。

駅から道路1本渡って少し歩いたところにあります。

DSC05774

地下鉄は4番出口を出れば真っ直ぐ歩くだけです。

バンコクの中心地だけあって、治安は良いとは言えません。

強盗や暴力沙汰はあまり聞きませんが、スリや詐欺まがいのことはよく起きてそうです。

DSC05816

フアランポーン駅周辺を夜歩いていると、浮浪者や風俗嬢みたいのによく出くわします。

彼らは別に無理に何をしてくるわけでもないので、目があっても気が付かないフリをして通り過ぎれば問題ありません。

DSC05815

万一話しかけられても、足を止めず、わかりません、といった具合に首を振ってそのまま通り過ぎれば、追いかけられることはまずないでしょう。

DSC05818

特に7/22ロータリーからフアランポーン駅に続く道には怪しい人が多いです。

ただ、フアランポーン駅からまっすぐ宿に向かえば、危険ポイントはありません。

DSC05819

車通りの多い道をちゃんと渡れればクリアです。

外観

ドンムアン空港からは、A1バスに30分乗ってモーチット駅前で下車し、正面にある地下鉄のChatuchak Park駅から終点まで乗ればフアランポーン駅です。

4番出口を出ましょう。

DSC05810

チャイナタウンまで徒歩10分。

DSC05822

途中の道にもそこら中に屋台が出ているので、晩ごはんにも困りません。

DSC05821

部屋・リビング・バスルームなどの環境

メインストリートからは奥まったところにあるので車の走る音も聞こえず、静かに過ごすことができます。

リビングはテーブルがたくさん置いてあって便利。

DSC05802

暇な宿の主人が映画を流しています。

何よりもこの宿のオススメは、ネコ。

DSC05804

人懐っこいカワイイ猫たちが、7匹いてじゃれ合っています。

DSC05809

それを見ているだけでこの宿に泊まって良かったと思えます。

キッチンには電子レンジにオーブンもあり自由に使えます。

DSC05801

トイレとシャワーは別室になっており各階にそれぞれ付いていて、どこもとてもきれい。

ホットシャワーが出るところもあります。

従業員・宿泊客

宿の主人は穏やかなタイ人のお父さん。

DSC05805

若い従業員もいて、24時間レセプションには人がいるので、何かと細々したことも便利です。

Wi-Fi環境

Wi-Fiももちろん問題なし。

70Mbps出ています。

セキュリティ

従業員がいつも入り口をちゃんと見ていて、ドミトリー部屋にも鍵が掛かるので、セキュリティはおおよそ安心です。

DSC05808

客層は、欧米人、中国人、日本人、東南アジア人、なんでもいます。

まとめ

近くにコンビニもあり、ビールを買ってきて宿の入り口のソファで1杯やりながら、宿に置いてある宮本輝の本をのんびり読むのも一興でしょう。

それで1日が潰れてもなんの後悔もありません。

むしろ清々しい気持ちです。

DSC05806

完全に観光化されているのに何も面白みのないカオサン通りに行くよりも、アクセス便利なフアランポーン駅目の前で、現地人の生活を眺めてみませんか?

ドンムアン空港にも、モーチットバスターミナルにも、モーチット2バスターミナルにも、周辺国へも、ここからなら簡単にアクセスできます。

Sponsored Links

If you have any comments or questions, please don't hesitate to contact me.

メールアドレスが公開されることはありません。

Optionally add an image (JPEG only)