「 2015/04 」List

[ベトナム][ハノイ]ああ…ベトナムで1番のうまい食べ物ってこれだったんだな…最終日に発見してしまったので2つしか食べれなかったのが悔しい

DSC01496

ハノイのナイトマーケットの端っこで発見!!

これはハマる!

メニュー、料金

こちらです。

DSC01507

バンチャンヌンという名前で、ドネルケバブとクレープを合わせたようなものです。

玉ネギや小エビと焼き鳥を混ぜて、ライスペーパーでくるんで、パリッと焼いたものです。

サクサクの食感と焼き鳥のいい匂いが、見ているだけでも伝わってきます。

DSC01501

1個作るのにだいたい1分掛かります。もちろん1個ずつ注文が入ってから手作り!

なので、ナイトマーケットの軽食としては珍しい出来立てが食べれます!

店員はマジメで商売っ気のない大学生風のお兄さん1人だけ。

DSC01496

値段も20,000ドン(約118円)とお手頃。

ナイトマーケットの他の店では、野菜炒めが一皿70,000ドン(約412円)とかするので、この料理はコスパが良すぎます!

作り方

左から、ポークのソボロ、小エビ、長ネギ、フライドオニオン。

DSC01505

手前に玉ねぎのみじん切りで、それに生卵を入れてトロトロにする。

ライスペーパーにそれぞれスプーン1杯ずつ入れて、最後に生卵とネギのトロトロ入れて、ライスペーパーの上で混ぜる。

それにバターを中心にたらして、チリソースをさっとかけて焼く。

DSC01497

ウチワで炭火をあおって、すぐに半分に折る。

で網で挟んでひっくり返して、30秒ぐらいひっくり返しながら焼いてできあがりです。

簡単に作れるので、作りたい人用に動画にまとめておきました!

半分にカットしてもらうことも可能。

場所

ナイトマーケットの一番奥のゾーン。

屋台を出してなくて、路上にプラスチックのイスを置いているだけのお店です。

下の地図の(1)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

hanoimap

(1)ベトナムで1番おいしい食べ物はここにあり。バンチャンヌン。ライスペーパー焼きのパリパリおやつ!

(2)毎晩行列のできてるフォー屋さん。そのお味は・・・?

(3)ハノイの中級ゲストハウス、ゴールデンチャームホテル。立地最高ドミトリーあり。

(4)揚げ春巻とソフト麺を酸っぱいスープに漬けて食べるっていう珍しいベトナム料理。

(5)世界1オープンなオープンカフェで、おばあちゃんが入れてくれるお茶が激しっぽり!。

振り返り

ナイトマーケットの一番奥というあまり有利でない立地にも関わらず、次から次へとお客さんが来ます。

ベトナム人も外国人も。

路上のイスに座り込んで食べていく人もいれば、一度に3つ注文して持って帰る人も。

持ち帰りはビニール袋に入れてくれます。

DSC01506

私はベトナム最終日に見つけたので、おかわりしても2つしか食べれませんでした。

毎日通いたいぐらいです。

観光ガイドブックにはいろいろと豪華なベトナム料理が載っていますが、私にとってはベトナムで1番おいしい食べ物でした。

また行きたい!

似たようなお店はあるけど、折りたたんでパリパリにするタイプはここだけ

似たようなメニューはたまにありますが、折りたたんでパリパリにするのはベトナム中でここでしか見かけなかったです。

もしかしてこの店員のお兄ちゃんのオリジナルメニューなのかな?

DSC01508

ハノイ観光に行く時は必ず行きましょう!


[ベトナム][ハノイ]ハノイでフォーを食べるんだったら、毎晩行列のできてるこのフォー屋さんは外せない。行列だけ見れば1番人気!

DSC01368

フォー。

ハノイのナイトマーケットで、珍しく行列ができています。

メニュー、料金

TAI NAM,TAI,CHINの3種類です。

DSC01373

チキンを載せるかビーフを載せるかという違いなのか、茹で加減を指定するものなのか、よくわかりません。

とりあえず真ん中のTAIにしておけば普通のフォーが出てきます。

まず食べようとして1番最初に感じることは、パクチーの匂い!!

この青臭さくてさっぱりした新鮮な緑の匂い!

この、麺の上に乗ってるのはパクチーだったのか!

DSC01380

女子に大人気のパクチーは私も大好き。

葉っぱをもりもり食べてる感がたまりません。

この青虫感とっっても、幸せ!!!

DSC00710

そしていよいよ麺とスープを食べてみたら、、、なんとびっくりアメイジング!!!

こ、れ、は、、、普通の、普通のフォーだ!!

DSC01379

なんの変哲もない、ベトナムならどこでも食べられるフォーだ・・・

確かにおいしいけど、ベトナム標準からすれば、普通。。!!

味付けは3種類。左から、からいの、スッパいの、優しいの。

DSC01385

なにもかけない方がおいしいと思います。

作ってるところ

まずカウンターで注文、お会計をして、その場ですぐに作ってくれます。

材料を用意する人と、茹でて盛り付ける人の二人で体制です。

DSC01374

結局

地元っ子の間ではとても人気のある店なので、文化を理解するという意味で行って見てもいいかもしれません。

DSC01383

このお店が他のフォー屋さんと違うところは、メニュー表が存在すること、店員に聞かなくても料金がわかること、の2つだと思います。

DSC01368

ベトナムでも、行列のできているところには理由なくみんな集まってしまうものなんですね。

まあ、無難にフォーを食べたい方は行ってみるといいでしょう。

場所

下の地図の(2)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

hanoimap

(1)ベトナムで1番おいしい食べ物はここにあり。バンチャンヌン。ライスペーパー焼きのパリパリおやつ!

(2)毎晩行列のできてるフォー屋さん。そのお味は・・・?

(3)ハノイの中級ゲストハウス、ゴールデンチャームホテル。立地最高ドミトリーあり。

(4)揚げ春巻とソフト麺を酸っぱいスープに漬けて食べるっていう珍しいベトナム料理。

(5)世界1オープンなオープンカフェで、おばあちゃんが入れてくれるお茶が激しっぽり!。


[ベトナム][ハノイ]世界1オープンなオープンカフェで、おばあちゃんが入れてくれるお茶が激しっぽり!大都会のど真ん中なのに草むら感が、やみつきになるわ!!

DSC01349

これ以上オープンには作れないであろう、開放的過ぎる世界一開放的なオープンカフェをベトナムの首都ハノイで発見。

観光地のど真ん中にあるので、ぜひ行ってみよう!!

なんなの?

カフェというか、イスと、お茶。

お店も看板も屋根もテーブルもない、イスたちの集まり。

DSC01349

その中にかなり高齢なおばあちゃんがいて、飲み物を売っています。

DSC01348

頼むものはもちろん、お茶

ペプシとかジュースとかいったペットボトルも売っていますが、ここはベトナム。現地人が好んで飲むものをもらいましょう。

お茶。

DSC01345

ベトナム語で「チャーラー」といえばお茶を意味するので通じます。

通じるまでイントネーションを変えて何度でも言いましょう。

浮いてる雰囲気を楽しむ

観光客が目の前をどんどん通り過ぎていくのに、誰一人として寄り付きません。隣にあるオシャレなカフェでなんかオシャレなものを、飲んでいます。

このお店は現地のオジサンたちで結構繁盛しています。

DSC01486

客のオジサンたちが、近くを通る女の子のミニスカートを眺めて「おい、あれいいじゃないか」みたいな話をして盛り上がり、おばあちゃんもそれを聞いてニコニコしています。

いちおう注意

お茶の氷をおばあちゃんが手づかみで入れてくれたり、グラスもちゃんと洗ってあるのかわからないようなところです。

DSC01354

衛生面は決して良好とは言えないので、そういうのが苦手な人や不安な人はやめておきましょう。

場所

下の地図の(5)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

hanoimap

(1)ベトナムで1番おいしい食べ物はここにあり。バンチャンヌン。ライスペーパー焼きのパリパリおやつ!

(2)毎晩行列のできてるフォー屋さん。そのお味は・・・?

(3)ハノイの中級ゲストハウス、ゴールデンチャームホテル。立地最高ドミトリーあり。

(4)揚げ春巻とソフト麺を酸っぱいスープに漬けて食べるっていう珍しいベトナム料理。

(5)世界1オープンなオープンカフェで、おばあちゃんが入れてくれるお茶が激しっぽり!。

おまけ動画

ハノイの市民生活を徹底的に凝縮しました。

https://youtu.be/HQ6zsScrup4


[ベトナム][ハノイ]ハノイにあるしっかりとしたサービスが売りのゴールデンチャームホテルは、1泊180,000ドン(約1,059円)から。

DSC01271

 ハノイに初めて行くけど初日はちゃんとしたところに泊まりたい、ハノイから出国なのでトラブルなく最後を快適に過ごしたい、でもそんなに予算はない、という方にぴったり。

それなりに低予算でしっかりサービスの宿、ゴールデンチャームホテルを紹介します。

とても清潔です。

値段

ドミトリー1泊180,000ドン(約1,059円)。

ハノイの安宿エリアの中では最安圏ではありません。

半額ぐらいの料金で泊れる宿もいくつかあります。

DSC01421

空港までの送迎があって、350,000ドン(約2,059円)。

DSC01522

立地・アクセス・治安

ハノイの観光名所のまさにど真ん中にあり、どこに行くにも便利。

立地は、ホアンキエム湖の北の端っこから徒歩2分。

ハンコ作り問屋さんの集まっている通りにあります。

下の地図の(3)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

hanoimap

(1)ベトナムで1番おいしい食べ物はここにあり。バンチャンヌン。ライスペーパー焼きのパリパリおやつ!

(2)毎晩行列のできてるフォー屋さん。そのお味は・・・?

(3)ハノイの中級ゲストハウス、ゴールデンチャームホテル。立地最高ドミトリーあり。

(4)揚げ春巻とソフト麺を酸っぱいスープに漬けて食べるっていう珍しいベトナム料理。

(5)世界1オープンなオープンカフェで、おばあちゃんが入れてくれるお茶が激しっぽり!。

外観

こんな感じです。

DSC01363

部屋・リビング・バスルームなどの環境

ドミトリーにエアコン、テレビあり。

DSC01271

ホットシャワーあり。

冷蔵庫あり。

DSC01272

朝食付き。

屋上からの景色がとてもキレイです。

特に夜!

DSC01511

従業員・宿泊客

宿の人はまじめでしっかり仕事しています。

ハロン湾やサパへのツアーも手配してくれます。

DSC01360

日本人客が多いようで、ちょっと日本語しゃべれます。

Wi-Fi環境

各階に1台ずつWi-Fiルーターが設置してあります。

DSC01509

Wi-Fiはとても速く、70Mbpsとか出ててびっくりしました。

セキュリティ

ドミトリーは部屋ごとカギが掛かります。

貴重品は宿の受付に預かってもらうこともできます。

まとめ

ハノイの観光地の中心部にあり、どこに行くにも便利です。

全体的にしっかりしていて、特に気になる点もありません。

数日間の滞在で、ゆっくり安心して過ごしたいという方に特におすすめです。


[ベトナム][ハノイ]出発、到着ともに1分もズレてない!!フエからハノイへ、あえてマイナールートのベトナム統一鉄道で移動したら意外としっかりしてた・・・

DSC01178

ベトナムでの移動は長距離寝台バスが主流ですが、せっかくなのでベトナム統一鉄道にも乗ってみました。

ホーチミンからハノイを結んでおり、現地人の家族旅行の足になっています。

観光客はあまり利用していません。

フエ駅からハノイ駅まで。ベトナム統一鉄道で行ってみる

フエ駅は街の中心地から徒歩40分ぐらいのところにあります。

メインのLE LOI通りをひたすら歩けばたどり着きます。

DSC01098

電車はぴったり時間通りに来てびっくり!

寝台シートはこんな感じです。

DSC01159

外の景色はひたすら田舎。。

DSC01130

ハノイ駅からハノイの中心地ホアンキエム湖まで、歩けば40分

朝5:30ぴったりに到着。

見事に時間通りです。

DSC01203

ハノイ駅から、街の中心部であるホアンキエム湖までは歩いて40分。

まずは、駅の正面からまっすぐ伸びている道をひたすら歩きます。

道端には路上カフェがたくさんあって、お茶やコーヒーが飲めます。

DSC01213

20分ぐらいすると大きい交差点があるので、左折。

DSC01220

10分ぐらい歩くと右手にオペラハウスが見えるので、オペラハウス前の交差点をHanoi Securgty Exchangeハノイ証券取引所沿いに左折。

DSC01228

5分ぐらい歩くと湖。

DSC01231

湖沿いに右に曲がれば安宿街に着きます。

ちなみに、地元の人たちに、ホアンキエム湖って聞いても、発音が違うようでほぼ通じません。

いろいろな発音で繰り返してみるとようやく通じます。

通じるまでイントネーションを変えて何度でもトライしましょう。

朝の湖沿いではそこらじゅうでカラフルなおばちゃんダンスが見られます。

DSC01240

鉄道駅からホアンキエム湖まで、クネクネと道を曲がればもっと短距離で行くことはできますが、ハノイが初めてで土地勘のない方はこの道が1番迷わなくていいでしょう。

フエからハノイへのベトナム統一鉄道への移動を、動画にまとめました!

https://youtu.be/M1CPP_92aRE