「 2015/04 」List

[マレーシア][クアラトレンガヌ]クアラトレンガヌ名物の激ウマ餅ライス、ナシダガンを食べたければ朝9時までにセントラルマーケットへ

IMG_20150220_082501

クアラトレンガヌ名物の美味いものといえば、ナシダガン。

しかし、実際クアラトレンガヌに行ってみると、ナシダガンが食べれるところはほとんどありません。

というのも、現地の人々の多くは朝ごはんをモーニングマーケットで食べるため、モーニングマーケットのみでナシダガンを提供すれば、おおよそのお客さんのニーズには応えられてしまうためです。

どうしても食べたければ、現地の人々同様、朝9時までにマーケットに駆け込みましょう!

ナシダガンとは?

ココナッツ風味の餅米にカレーをかけて、フライドチキンをのせて食べる、一風変わったクアラトレンガヌ名物料理です。

IMG_20150220_082501

こんなシンプルな見た目なのにいろんな味が詰まっています。

カレーの辛さとココナッツの甘みが混じって、甘辛なくせに、後味がさっぱりしていてとてもおいしい。

IMG_20150219_144602

1日の朝ごはんにはぴったりで、ハマってしまいます。

どこで食べれるのか?

クアラトレンガヌっ子御用達のショッピングセンター、セントラルマーケットで食べることができます。

野菜・肉・魚・服・お土産・食堂などが揃う、2階建ての巨大なマーケットです。

乾物屋は商品を超てんこ盛りにしていて、店の女将さんの座席は高いところにあります。

IMG_20150217_163652

こんなに売れるのかな・・・?

2階の食堂で、クアラトレンガヌ名物のナシダガンが食べれます。

下の地図の(3)です。

マラッカでよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

KualaTerengganu

(1)カラフルな凧揚げビーチ。浜辺で子供心に帰ろう。

(2)フルーツマーケット。ドリアンのクレープが最高。

(3)セントラルマーケット。名物ライスの激ウマ!ナシダガンが食べられる。

(4)ピンアンカレッジ。安宿。1泊25リンギ(約750円)から。

(5)チャイナタウン。クアラトレンガヌで1番安いビールはここにある。

(6)長距離バスのバス停。レトロなおしゃれバスもここから乗れる。

(8)トレンガヌ州立ミュージアム。広すぎてむしろ困る。

気をつけよう

ナシダガンは朝9時頃に終わってしまうので、早起きしていきましょう。

朝9時以降もお店はやってますが、ナシカンダールなどの普通のマレーシア料理しか出してくれません。

IMG_20150220_082350


[マレーシア][クアラトレンガヌ]クアラトレンガヌの安宿は安定のピンアンカレッジ。~ツインルームが1泊25リンギ(約750円)から~

IMG_20150217_124201

クアラトレンガヌはマレーシア東海岸中枢の街だけあって、ムスリム色が強いです。

街全体がひっそりとしており、安宿もあまり目につきません。

そんな中、唯一バックパッカーの間で有名なピンアンカレッジはやはり安定感・安心感があり、短期滞在者におすすめです。

ただ、Wi-Fiがなく、それだけが実に惜しいです。

値段

ツインルームが1泊25リンギ(約750円)から。

しっかりサービスの割に安い印象です。

ドミトリーはありません。

立地・アクセス・治安

長距離バスターミナルから徒歩5分。

モスクやセントラルマーケットからも近く、街歩きにも出かけやすい好立地です。

下の地図の(4)です。

マラッカでよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

KualaTerengganu

(1)カラフルな凧揚げビーチ。浜辺で子供心に帰ろう。

(2)フルーツマーケット。ドリアンのクレープが最高。

(3)セントラルマーケット。名物ライスの激ウマ!ナシダガンが食べられる。

(4)ピンアンカレッジ。安宿。1泊25リンギ(約750円)から。

(5)チャイナタウン。クアラトレンガヌで1番安いビールはここにある。

(6)長距離バスのバス停。レトロなおしゃれバスもここから乗れる。

(8)トレンガヌ州立ミュージアム。広すぎてむしろ困る。

外観

1階が旅行代理店になっています。

IMG_20150217_124201

白い建物に青い看板というのがマレーシアでは珍しく、おしゃれに見えます。

部屋・リビング・バスルームなどの環境

部屋はシンプルで清潔です。

IMG_20150220_110859

屋上にはカフェがありますが、旧正月のオフシーズンはお休み。

カフェからの景色はとても良く、海が見えて、夕方はザイナルアビディンモスクからスピーカーでムスリムのお祈りが聞こえてきます。

IMG_20150218_175644

IMG_20150218_175621

ムスリムの街にいるというのがよく実感できる瞬間です。

従業員・宿泊客

従業員は1階の旅行代理店のお姉さんたちです。

彼女たちは宿の運営はあまりやる気が無いようで、旅行代理店のおまけでやっているぐらいの力の抜けようでしたが、それぐらいがバックパッカーには安らぎがあってありがたいものです。

IMG_20150217_124658

近所の観光スポットへの行き方を教えてくれたり、街の地図をくれたり、観光案内的な話はとても親切にしてくれました。

宿泊客は、1人で気ままに旅をしている中年ヨーロピアンが多いようでした。

Wi-Fi環境

Wi-Fiはありません。

実に残念。

近所のカフェなどで無料Wi-Fiを利用するしかありません。

セキュリティ

玄関と部屋の2重でかける仕組みで安心です。

宿泊客の受付をしている1階の旅行会社は、17時で閉まってしまいます。

IMG_20150217_130020

17時以降にチェックアウトする場合は備え付けのポストにカギを投函するルールがあります。

まとめ

世界中のバックパッカーたちから親しまれる、安定・安心の安宿。

のんびりとした雰囲気が実に居心地がいいのですが、Wi-Fiがないのが唯一残念なポイントです。

数日間の短期滞在でWi-Fiなくても良いという方にはおすすめできます。

Wi-Fiがないと困るって方は、近所にもう一件安宿がありますので、こちらをどうぞ。

IMG_20150218_210646

IMG_20150218_210714

アンクルホームステイ。


[マレーシア][クアラトレンガヌ]残念。プルフンティアン島からクアラトレンガヌまでの移動は、タクシーのほうがバスより1時間早くつくはずが、1時間遅く着いた・・・

IMG_20150217_084313

マレーシア東海岸を南下する人のために、プルフンティアン島からクアラトレンガヌまでの行き方を簡単にまとめておきました。

一般ルートである長距離バス利用と、マイナールートである個人タクシー利用の2つがありますが、一般ルートが安心安全でおすすめです。

プルフンティアン島からクアラブスのフェリー乗り場まで

プルフンティアン島からクアラブス行きのボートは毎日8時、12時、16時に出ていますが、ハイシーズン以外は16時の便がお休みです。

IMG_20150211_180033

波の上を走り進むこと30分。35リンギ(約1,050円)。

クアラブスのフェリー乗り場からバス停まで

フェリーを降りたら、船着場のレストランで朝ごはんを食べます。

IMG_20150217_085450

ひと休憩したら、海岸沿いを、海から見て左へ。

この細い道を3分ほど歩きます。

IMG_20150217_084549

バス停までの行き方はなんの看板も出ていないどころか、バス停の存在を現地の方々すらあまり認識していないので、ここがキモです。

なんと、ココがバス停。

IMG_20150217_084313

看板1枚出ていないので不安ですが、それでもココがクアラブスのバス停なのです。

クアラブスからクアラトレンガヌまで。一般ルートの場合

クアラブスからクアラトレンガヌまでは長距離バスが出ています。

上のバス停で、バスが来るのを待って捕まえましょう。

約3時間で行けます。

クアラブスからクアラトレンガヌまで。マイナールートの場合

上のバス停で長距離バスを待っていると、たまに個人タクシーのオジサンが営業に来ます。

「長距離バスはまだ当分来ない。来たとしても、高いし遅い。私がクアラトレンガヌまで、安く早く行ってやろう。」

とのこと。

こんなタクシーです。

IMG_20150217_102618

実際に乗ってみたら、確かに長距離バスよりは若干安いですが、途中でコーヒー休憩が入ったりオジサンの友達をピックアップしたりで、長距離バスよりも時間がかかりました。

コーヒー休憩。

IMG_20150217_102622

まあ、宿泊を予定していたピンアンカレッジホテルの前まで行ってくれたのはありがたいですが、3時間近くずっとしゃべっていたので疲れました。

振り返り。一般ルートのススメ

あえて個人タクシーに乗るメリットは大してありません。

オジサンが営業に来てもお断りし、気長に長距離バスを待って、のんびり安心して移動しましょう。

IMG_20150217_151431


[ベトナム][ハノイ]偽アイドルのイメージビデオ、花嫁の写真、子どもたちのローラースケート、おばちゃんのダンス、突然始まる路上セパタクロー。ガイドブックに載っていないハノイの観光名所5つ

DSC01483

ハノイの中心地、ホアンキエム湖周辺にはいろいろな公園があって、みんな好き勝手やっています。

幼児から老人まで、意外とみんな伸び伸び遊んでいて、見ていて楽しいものです。

遊ぶのが子どもたち、それを見守るのが親たち、それらを写真に収めるのが外人たちという構図がここでは完成しています。

花嫁

ハノイでは毎日新しい花嫁さんがたくさんいます。

DSC01300

そして毎日ホアンキエム湖近くをふらふらしてウェディングドレスで写真を撮っています。

湖沿いかオペラハウス前が人気のポイントです。

DSC01455

偽アイドルのイメージビデオ

なんかやたらとヒラヒラした服を着て、ビデオ撮影ボーイの前でくるくるしています。

この子はおそらくムチムチ系あんまりかわいくない派に所属。

まあ本人が楽しそだからいいか。。

DSC01464

でもこの撮影したやつどうなるんだろう。。。

ネットで販売??

子どもたちのローラースケート

子どもたちがみんな体力系で、転んでも転んでもくじけません。

DSC01483

今更感はやはりありますが、子どもたちはみんな嬉しそうにローラースケートを、楽しんでいます。

おばちゃんのダンス

これは・・・。

DSC01237

健康のためなんでしょうか・・・。

みなさん、ハノイに舞う蝶のようにカラフルです。

突然始まる路上セパタクロー

大通りで車やバイクがブンブン通っているする横の歩道で、突然セパタクローが始まります。

DSC01470

バトミントンもやってます。

しかもみんな結構うまい・・・

DSC01463

その他の見どころまとめ

 

場所

下の地図の右上のあたりにある、ホアンキエム湖の周辺です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

hanoimap

(1)ベトナムで1番おいしい食べ物はここにあり。バンチャンヌン。ライスペーパー焼きのパリパリおやつ!

(2)毎晩行列のできてるフォー屋さん。そのお味は・・・?

(3)ハノイの中級ゲストハウス、ゴールデンチャームホテル。立地最高ドミトリーあり。

(4)揚げ春巻とソフト麺を酸っぱいスープに漬けて食べるっていう珍しいベトナム料理。

(5)世界1オープンなオープンカフェで、おばあちゃんが入れてくれるお茶が激しっぽり!。


[ベトナム][ハノイ]ベトナム珍料理をハノイのローカル食堂で発見!!揚げ春巻とソフト麺を酸っぱいスープに漬けて食べるって…意外なB級トライアングルに、ベトナムでうまかったものランキング3位をあげる

DSC01401

ハノイの中心部から徒歩20分ほど離れた、観光客が誰一人として足を踏み入れない線路脇の問屋街。

現地人の生活感があふれ返っていて、いかがわしい雰囲気でいっぱいです。

そんな中に踏み込んでみたら、珍しくておいしい料理を見つけたので紹介します。

メニュー、料金

お皿に揚げたての春巻と細いソフト麺が載せられています。

DSC01401

これを、酸っぱいスープに漬けて食べると、とてもさっぱりしておいしい!

スープには浅漬けのような大根やニンジンが入っていて、これもまたおいしいです。

DSC01403

シソやパクチーやレタスが山盛りの野菜はサービスなので、食べ放題です。

お店の外観、店員さん

おばちゃんと息子でやってるのんびりした家族経営です。

DSC01404

簡単なベトナム語をしゃべれると、とても喜んでくれます。

場所

高架になってる駅のすぐ下です。

下の地図の(4)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

hanoimap

(1)ベトナムで1番おいしい食べ物はここにあり。バンチャンヌン。ライスペーパー焼きのパリパリおやつ!

(2)毎晩行列のできてるフォー屋さん。そのお味は・・・?

(3)ハノイの中級ゲストハウス、ゴールデンチャームホテル。立地最高ドミトリーあり。

(4)揚げ春巻とソフト麺を酸っぱいスープに漬けて食べるっていう珍しいベトナム料理。

(5)世界1オープンなオープンカフェで、おばあちゃんが入れてくれるお茶が激しっぽり!。

ぜひ行ってみましょう!

DSC01405