「 ベトナム 」List

[ベトナム][日本からベトナムへ]決着!ホーチミンのタンソンニャット空港に深夜着だけど、時間も金も無駄にしなくて安全な4つの足取り!

DSC00016

ホーチミンのタンソンニャット空港に深夜着だと、タクシーでさっさと街に出るべき、いや朝までローカルバスを待つべきなど、いろいろな議論があるので、現実的な対応を考えて実践してみました。

私はこれで無事ホーチミンの安宿街ファングーラオ・ブイビエンエリアまで行けました。

22時ぐらいにホーチミンに着いた場合です。

 

まず少額を両替して。

入国審査と荷物のピックアップが無事済んだら、送迎の手前にある両替所に行き、日本円で1,000円をベトナムドンに両替しましょう。

だいたい180,000ドンぐらいになるはずです。

空港内の地図はこちら。

DSC00005

そして国内線ターミナルへ。

そしてそのまま国際ターミナルを出て右へ。2分歩くとDomesticと書かれた国内線ターミナルに付くので、タクシー乗り場まで行きましょう。

DSC00006

そうするとタクシーがどんどんやってきます。

国際線のような外国人狙いの怪しい待ちタクシーはおらず、地元民を相手にしている普通のタクシーのようです。

DSC00009

きっと国内線の飛行機に乗るのはベトナム人ばかりなので、ぼったくりタクシーは国内線ターミナルの方にはあまり来ないのでしょう。

 

メイリンのタクシーと交渉して

とはいえ何があるかわからないので、まともと評判の最大手タクシー会社、メイリンの緑色のタクシーを捕まえましょう。

メイリンのタクシーはこんなデザインです。

DSC00035

そして、さっき両替したお金の中から50,000ドン札3枚を見せて、この150,000ドンぴったりで、ファングーラオとデータムの交差点まで行けますか?これしかお金がないんだと運転手に言って見よう。

OKだったら、何度も念押ししてから乗車。

走り出すとメーターが動き出しますが、これは関係ないよね、見る必要ないよね、150,000ドンで固定だよねと何度も念押ししましょう。

運転手さんは素直にうんそうそうと言っていました。

走りながら、さり気なく運転手さんのIDカードを写真に取ります。

DSC00010

あえて運転手さんにわかるようにやりましょう。

 

無事到着!

これで私はなんのトラブルもなく安宿街のファングーラオ・ブイビエンエリアまで行くことができました。

乗車時間20分ぐらい。

DSC00020

着いたら約束通り150,000ドンを渡して降りましょう。

ただ、実際のメーターは121,000ドンだったので、30,000ドンほど正規料金より多く払ったことになります。

DSC00016

これは安全のためのコスト、ちゃんと連れて来てくれた運転手さんへのチップだと思って潔く諦めましょう。

 

振り返り

インターネットやガイドブックでは、国際線ターミナルで公式タクシーチケットを購入する方法が推奨されています。

実際、国際線ターミナルにあるタクシーチケット売り場では、3店舗まわったらどこも公式なのに料金が違いました。

200,000ドン、210,000ドン、220,000ドン。

多少のふっかけが入ってるのかもしれません。

DSC00004

しかも国際線ターミナルで乗ればタクシーチケット利用でもトラブルが発生しているようです。

それに比べれば、今回ご紹介方法は150,000ドン固定なので安上がりです。

メーターより高くついたとしても、最初にこちらから約束した金額はちゃんと払いましょう。

値切り交渉しても、逆にトラブルの元になるだけです。

運転手さんいわく、今回はメーター121,000ドンで来れたが、渋滞しているときは150,000ドンを超えることもあるといっていました。

DSC00013

私はこの方法でうまく行きましたが、やはり何が起こるかわからないので絶対ではありません。

あくまでも参考程度にとらえてください。同じ方法をやってみるのは構いませんが、自己責任でお願いします。

最後に、日本を出発してホーチミンに到着するまでの出来事を動画にしてまとめて置きましたのでどうぞ!

https://youtu.be/r3oaYdQ1c9A


[ベトナム][日本からベトナムへ]エアアジアで予約するときに確保したいオススメのシートTop3!!

DSC09978

エアアジアでフライトする場合のオススメシートです!

いいシートは追加料金がかかったりもしますが、安くてもいい席もあります。

長い時間のフライトを少しでも快適に過ごしたい方は参考にしてみてください。

機内3列の大型機の場合です。

 

ぜひとも確保すべきは、1番左前のシートです。

他のシートに比べて圧倒的にスペースが広く、外の景色を眺めながら心ゆくまで足が伸ばせます。

(下の画像は関係ありません)

DSC01064

1番左前のシートが既に埋まっている場合は、真ん中列の1番前を狙いましょう。

外の景色は見れませんが、1番左前のシートと同様に足が伸ばせます。

LCCの座席は狭いから嫌だという人は、↓の画像を見てみてください。

ここまでくるともはや伸ばし過ぎでは。。

DSC09938

それも埋まっている場合は、1番右前のシートを狙いましょう。

席の前に壁がないのでスペースは1番広いですが、非常口の隣なので、いざという時はいろいろ対応しなければなりません。

DSC09941

そのために、離陸前にキャビンアテンダントさんからいろいろ説明を受けなければなりません。英語で。

また、離陸時にキャビンアテンダントさんが向かい合わせに座るところでもあります。

それがお望みの方はこの席をどうぞ。

 


[ベトナム][日本からベトナムへ]ベトナム旅行者必読。日本からベトナムまでの移動で、注意しないと損する3つのポイント

DSC09964

エアアジアでベトナムまで行く際に、気をつけないと損するポイント・気をつけたほうが旅が楽しくなるポイントをまとめておきました。

成田からマレーシアのクアラルンプールまで行き、乗り換えてホーチミンを目指すルートの場合です。

これを読んで快適な旅にしましょう。

 

エアアジアのチェックインカウンターはメインフロアから外れたところにあるので注意しないと見つけられない。。

エアアジアのチェックインカウンターは、成田空港の第2エアターミナルにあります。

第2エアターミナルにはいろいろな航空会社のチェックインカウンターがABCD…と名前が付いて並んでいますが、エアアジア用のNカウンターだけはその中に並んでいません。

Nカウンターはメインフロアにはなく、メインフロアの隅っこから更に外れたところにあります。

普通に探しても見当たらないので、フロアの端っこを注視しましょう。

DSC09913

チェックインの様子。

DSC09915

Nの看板を見逃さないように気をつけましょう。

 

成田空港発のエアアジアは、搭乗口から飛行機まではバスで移動することも。バスからはなかなか珍しい景色が眺められるのでこうやって見ておこう!

マレーシア行きエアアジアの搭乗口はこんな感じ。

DSC09919

日本人はほとんどおらず、マレーシア人や中国人が多いです。

バスで飛行機まで移動する場合は、空港のグラウンドをバスが走ることになります。

普段は空港のグラウンドには入れないので、なかなか珍しい光景です。

バスに乗る時は1番前の席に座るか1番前に立つようにしましょう。

目の前を飛行機が横切って行くのを間近で見ることができ、迫力があります。

こんな感じです。↓

離陸後はこんな景色が見れます。

田んぼばっかり。。

DSC09935

 

クアラルンプールでの乗り換え。ご当地マレーシア料理を食べて、ペットボトルに水を補給しよう!

成田からクアラルンプールまでは約7時間30分です。

乗り換え時間は3時間。ゆっくりできます。

免税店もたくさんあり、時間を潰せます。

DSC09962

成田で預け入れた荷物は放っておけば積み替えてくれるので、ホーチミンで受け取ることになります。

お腹がすいていたらフードコートでご飯を食べましょう。

DSC09969

マクドナルドやらバーガーキングやらありますが、せっかくのマレーシアなのでマレーシア料理がオススメです。

DSC09964

Taste of India.

完全にインド料理屋の名前が付いてますが、実際は典型的なマレーシア料理、ナシカンダールのお店です。

なぜこんな名前を付けたのでしょう。。

カウンターのバットに入ったおかずから好きなものを指差して、ご飯にぶっかけてもらいます。

これは、フライドチキンと魚の煮付けと野菜の天ぷら。

DSC09967

スプーンやフォークもありますが、マレーシアスタイルで手で食べると一層おいしく感じます。

気のせいだと思いますが。

クレジットカードでの支払いはできませんが、日本円での支払いができ、おつりはマレーシアリンギで返ってきます。

日本円で約900円。

クアラルンプールの大衆食堂で食べれば3分の1の値段で食べれるのに。。

為替レートはこちら。

この時はクアラルンプールでは0.029ぐらいが相場なので、やはり若干悪いですね。

DSC09965

あと、ホーチミン行き飛行機に飲み物を持ち込みたい人は、空っぽのペットボトルを持って荷物検査を通過し、搭乗口近くの水飲み場で水を汲みましょう。

DSC09976

乗継便ではこの方法をやる人が多く、行列ができています。

DSC09978

あとは飛行機を待って、出発!

 

ホーチミンに到着してから

入国審査でビザを見せろと言われます。ビザがない場合はリターンチケット(帰国便のチケット)を見せろと言われます。

帰りの便や他国への渡航チケットがある場合は提示しましょう。スマートフォンでキャプチャ画面を見せるだけであっさりOKでした。

DSC09959

普通の入国審査をパスすれば、無事ベトナム入国完了!

ビザを取ってない場合はベトナムは15日間しかいれないので注意しましょう!