「 ベトナム 」List

[ベトナム][フエ]人とのコミュニケーションに疲れて古都でふわふわ生活したい人にストロングおすすめな1泊105,000ドン(約618円)の宿

DSC00749

フエのメイン通りから1本入ったところにある安宿エリア。

目立たない場所だからかお客さんが全然いなくって超!穴場でした。

のんびり滞在したいバックパッカーにおすすめです。

値段

ドミトリーが1泊105,000ドン(約618円)。

フエの宿としては最安圏です。

立地・アクセス・治安

メインのラロイ通りからこの看板が出ている通りを中に入ります。

DSC00755

 

場所はこちら。

下の地図の(8)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

huemap

(1)田舎ゾーン。40年ぐらい前の光景が広がる。グエン朝よりもむしろこちらに行くべき。

(2)子供ゾーン。元気なベトナムっ子たちのはじける姿が可愛らしいです。

(3)ベトナム流ゲームセンター。これは・・・ハマる・・・。

(4)しみじみしたナイトマーケット。一週間毎晩行っても飽きないクオリティの高さに魅入る。

(5)アオザイ美人の通勤経路。17時にここで待っていよう・・・

(6)街中遊園地。地味に面白い。1杯やった後にどうぞ。

(7)ベトナム統一鉄道のフエ駅。渋い。長距離お散歩コース。

(8)HOANG HUONG。客の全然いない安宿。沈没者向け。

(9)しみじみとしたしじみふうみがじみにしみる。

(10)安宿フエホステル。激渋。

(11)フエ風コーヒーが飲めるカフェ。フエっ子オジサンの憩いの場。

グエン朝の王宮にも歩いて行ける距離です。

外観

宿?って感じですが。

DSC00730

部屋・リビング・バスルームなどの環境

ドミトリーと呼ばれるツインルームの部屋はこんな感じです。

DSC00748

ホットシャワーは設備はありましたが動いてませんでした。

従業員・宿泊客

おばあちゃんとおばちゃんのコンビで経営していて、2人の笑顔に癒やされる、まさに家庭的な宿です。

二人とも、1言だけしゃべれる日本語をうまく使ってくれます。

「ありがとう」。

DSC00749

また、特に干渉してくることもなく、こちらから絡みに行かなければ適度に放っといてくれて心地よいです。

Wi-Fi環境

Wi-Fiは20~40Mbpsで問題ありません。

DSC00744

おばちゃんが、近所のホテルから流れてくるノラ電波のパスワードを教えてくれます。

セキュリティ

パスポートはチェックインの時に預け入れます。

各部屋にはカギが掛かります。

宿の玄関も夜になると閉めてしまいますが、宿泊者には玄関のカギも渡されるので締め出されてしまうことはありません。

まとめ

人とのコミュニケーションに疲れて古都でふわふわ生活したい人にはストロングおすすめ。

 


[ベトナム][フエ]しみじみとしたしじみがじみにしみる・・・ベトナムの屋台で2番目においしいものはこれで決着にしておいた。 味の素さんありがとう!

DSC00734

フエのひなびた屋台で食べれるしじみのお粥です。

ライスの下にはシャキシャキの野菜が隠れていて食感も楽しく、飲み過ぎた次の日に持ってこいの屋台料理です。

優しい味に惚れ込んでしまい、ベトナム屋台で2番目においしいものに勝手に認定しました。

メニュー、料金

しじみのお粥。

DSC00734

1杯10,000ドン(約59円)。

優しいしじみの風味に味の素の旨味が加わって、とても懐かしい味です。

軽い朝ごはんや2日酔いには最適でしょう。

ライスの代わりに麺で作ってくれと言うと、汁なし中華麺を作ってくれて、これもまた美味!

DSC00856

油そばのように混ぜて食べるのが現地の習慣です。

テーブルに置いてあるニンニクエキスを少しかけるともうそれだけで最高。

DSC00737

店員さん、お客さん

元気のいいご夫婦で朝早くから営業しています。

学校が近くにあるので、登校前の女学生が一人で食べに来たりします。

DSC00741

場所

この看板が目印です。

DSC00736

場所はこちら。

下の地図の(9)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

huemap

(1)田舎ゾーン。40年ぐらい前の光景が広がる。グエン朝よりもむしろこちらに行くべき。

(2)子供ゾーン。元気なベトナムっ子たちのはじける姿が可愛らしいです。

(3)ベトナム流ゲームセンター。これは・・・ハマる・・・。

(4)しみじみしたナイトマーケット。一週間毎晩行っても飽きないクオリティの高さに魅入る。

(5)アオザイ美人の通勤経路。17時にここで待っていよう・・・

(6)街中遊園地。地味に面白い。1杯やった後にどうぞ。

(7)ベトナム統一鉄道のフエ駅。渋い。長距離お散歩コース。

(8)HOANG HUONG。客の全然いない安宿。沈没者向け。

(9)しみじみとしたしじみふうみがじみにしみる。

(10)安宿フエホステル。激渋。

(11)フエ風コーヒーが飲めるカフェ。フエっ子オジサンの憩いの場。

ぜひ行ってみましょう!


[ベトナム][フエ]ベトナム美人はここで眺めよう!17時に待ち伏せしてればアオザイ姿のすらっとした美人がぞろぞろ通るよ

DSC00686

街では意外とお目にかかれないアオザイ美人。

彼女たちが安定して出没する穴場を見つけたので紹介します。

こんなのがぞろぞろ

色とりどりのアオザイを着ています。

DSC00686

場所

下の地図の(5)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

huemap

(1)田舎ゾーン。40年ぐらい前の光景が広がる。グエン朝よりもむしろこちらに行くべき。

(2)子供ゾーン。元気なベトナムっ子たちのはじける姿が可愛らしいです。

(3)ベトナム流ゲームセンター。これは・・・ハマる・・・。

(4)しみじみしたナイトマーケット。一週間毎晩行っても飽きないクオリティの高さに魅入る。

(5)アオザイ美人の通勤経路。17時にここで待っていよう・・・

(6)街中遊園地。地味に面白い。1杯やった後にどうぞ。

(7)ベトナム統一鉄道のフエ駅。渋い。長距離お散歩コース。

(8)HOANG HUONG。客の全然いない安宿。沈没者向け。

(9)しみじみとしたしじみふうみがじみにしみる。

(10)安宿フエホステル。激渋。

(11)フエ風コーヒーが飲めるカフェ。フエっ子オジサンの憩いの場。

狙い目の時間は・・・

王宮で踊りや楽器といった仕事をした帰りのようです。

17時に仕事が終わるようで、その時間になるとOLみたいにキャッキャいいながら王宮から出て来ます。

DSC00698

[ベトナム][フエ]しみじみとしたしじみがじみにしみる・・・ベトナムの屋台で2番目においしいものはこれで決着にしておいた。 味の素さんありがとう!


[ベトナム][フエ]ベトナムでゲーセンにハマる。3日で100,000ドン使って廃人になった私の話を聞いてくれ・・・

DSC00610

ベトナムの中部に位置する田舎リゾートの街、フエ。

古代王朝の跡地とか宮廷料理とかが有名だけど、そんなのとは比べ物にならないほど面白いのが街のゲーセンだった。

懐かしい雰囲気なのに、シューティングゲームでベトナムばあさん強すぎだしテンション高すぎだし・・・。

こっちも負けん気出して頑張りまくったらいろいろ結構ツラい状況になった。

場所

旧市街の橋のたもと。

下の地図の(3)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

huemap

(1)田舎ゾーン。40年ぐらい前の光景が広がる。グエン朝よりもむしろこちらに行くべき。

(2)子供ゾーン。元気なベトナムっ子たちのはじける姿が可愛らしいです。

(3)ベトナム流ゲームセンター。これは・・・ハマる・・・。

(4)しみじみしたナイトマーケット。一週間毎晩行っても飽きないクオリティの高さに魅入る。

(5)アオザイ美人の通勤経路。17時にここで待っていよう・・・

(6)街中遊園地。地味に面白い。1杯やった後にどうぞ。

(7)ベトナム統一鉄道のフエ駅。渋い。長距離お散歩コース。

(8)HOANG HUONG。客の全然いない安宿。沈没者向け。

(9)しみじみとしたしじみふうみがじみにしみる。

(10)安宿フエホステル。激渋。

(11)フエ風コーヒーが飲めるカフェ。フエっ子オジサンの憩いの場。

大きいショッピングモールがあり、そのとなりに小さなゲームセンターがあります。

どんなゲームがあるか

定番のカー、バイクレーシングもの。

DSC00625

ん・・・どういうことだ・・・?

DSC00627

人気ナンバーワン、海龍王の遊び方と実際のプレイ動画

男女混合6人ぐらいで1つのテーブルを囲んでプレイします。

DSC00610

立ち見の人もいて、たまにメダル入れを勝手に手伝ってくれます。

操作はボタン2つとスティックだけのとってもシンプルなゲームです。

スティックで大砲の向きを動かして、ボタンを押sて大砲から網を発射、泳いでる海の生き物を捉えれば得点ゲット。

DSC00931

得点が貯まると足元からコインがじゃらじゃら出てきます。

DSC00624

初心者向けには

1コイン2,000ドン(約12円)で買えて、1コインで網を5発打つことができます。

DSC00618

ショッピングモールの1階にある子供向けのゲーセンにも同じゲームがあるので、こっちでやりましょう。

こちらのお店なら店員のお兄ちゃんが遊び方を優しく教えてくれます。

写真の左側にいるのが店員のお兄ちゃんです。

DSC00619

私の場合

海龍王ゲームにハマって、毎日ゲーセンに通ってました。

朝起きたらゲーセンへ。

昼ご飯食べたらゲーセンへ。

ゲーマーというかただの廃人です。

地元のゲーマーは2,000ポイントとか訳の分からない数字を出してるけど、私は最後まで50ポイント以下。

DSC00612

結局、観光名所の王宮を見ずにフエを発つことになりました。。

ゲーム楽しかったからいいか。

またやりたいな。

 


[ベトナム][フエ]これをフエ風コーヒーと名付けよう!1杯10,000ドン(約59円)のアイスコーヒーの飲み方がまどろっこしい

DSC00862

 やたらと手間がかかるけど逆にいい時間つぶしになる、フエの名物コーヒーを見つけました。

ここでしか飲めないので、必ず行っておきましょう。

お店の外観

こんな感じの、とってもオープンなカフェです。

So 1 Ben Nghe。

DSC00539

メニュー、料金

アイスコーヒーを注文すると、こんなのが運ばれてきます。

DSC00862

左から、超濃いコーヒー、氷、お茶。

コーヒーは下にミルクが沈んでます。

ベトナムではお茶が無料で飲み放題のところが多いです。

ミルクありなら10,000ドン(約59円)。ミルクなしなら7,000ドン(約41円)。

飲み方

氷を超濃いコーヒーに入れて、スプーンでかき混ぜて溶かしながら少しずつ飲みます。

これがなかなか溶けなくって、実にまどろっこしい・・・。

往来を眺めながらゆっくり飲みましょう。

DSC00536

この不便さが逆に流行るんじゃないかな。

場所

下の地図の(10)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

huemap

(1)田舎ゾーン。40年ぐらい前の光景が広がる。グエン朝よりもむしろこちらに行くべき。

(2)子供ゾーン。元気なベトナムっ子たちのはじける姿が可愛らしいです。

(3)ベトナム流ゲームセンター。これは・・・ハマる・・・。

(4)しみじみしたナイトマーケット。一週間毎晩行っても飽きないクオリティの高さに魅入る。

(5)アオザイ美人の通勤経路。17時にここで待っていよう・・・

(6)街中遊園地。地味に面白い。1杯やった後にどうぞ。

(7)ベトナム統一鉄道のフエ駅。渋い。長距離お散歩コース。

(8)HOANG HUONG。客の全然いない安宿。沈没者向け。

(9)しみじみとしたしじみふうみがじみにしみる。

(10)安宿フエホステル。激渋。

(11)フエ風コーヒーが飲めるカフェ。フエっ子オジサンの憩いの場。