「 ニャチャン 」List

[ベトナム][ニャチャン]ストリート貝焼き屋さんという素敵なお店で腹いっぱい飲み食いして120,000ドン(約706円)

DSC00311

ベトナムでは路上の貝屋さんがいっぱい!

ベトナム人は貝がやたらと好きなんだそうです。

エビ好きの日本人に似ていますね。

焼きたてが一皿20,000ドン(約118円)ぐらいから食べれるので、ビールと一緒に超オススメです!

お店の外観

だいたい街の裏道の角っこにこんな感じのお店があります。

DSC00305

カウンターに貝がたくさん入ったザルが並べられていて、好きなものを指差して焼いたり煮たりしてもらいます。

DSC00307

メニュー、料金

こんな貝や、

DSC00309

こんな貝、

DSC00311

こんな貝も。

DSC00314

どれも20,000ドン(約118円)。

焼きたてで、貝汁とココナッツの風味がたまらんです。

もちろんあっさり系のビールとの相性抜群!

DSC00416

このお店は店員さんがかわいいお姉ちゃんで、実に楽しくビールと貝が楽しめました。

お店のお兄ちゃんやお客さんたちも賑やかに絡んできてくれます。

場所

場所はこちら。

下の地図の(6)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

natyanmap

(1)MAD SPA。みんなで楽しいドロ温泉。きれいなドロに浸かってお肌すべすべ。TAP BAR。

(2)ニャチャン駅。ビーチから歩くと20分。

(3)長距離バスの到着地点。目印は何もない。

(4)ナイトマーケット。大したものは何もないけどなぜか面白い気がする。

(5)安いビール。ニャチャン最安で10,000ドン(約59円)。

(6)ストリート貝焼き屋さん。焼きたてで、貝汁とココナッツの風味がたまらん。

(7)広々とした安宿。PHU QUY TRAVEL。1泊100,000ドン(約590円)から。

(8)ストリートな青空バー。モヒートがうまい。

(9)ビーチ。夜のビーチ沿いではピクニックが盛ん。

(10)服屋。水着を買うならこちら。他の店の半額で買えます。

(11)どローカルな食堂。超絶しっぽり。

(12)ロシアのツーリストインフォメーション。ドロ温泉までのバスが出ている。

 

ニャチャンに行ったらぜひとも訪れてみよう!

おすすめです!


[ベトナム][ニャチャン]ニャチャンの1番端っこにあるドローカルな食堂でドローカル感を味わおう!

DSC00289

ニャチャンはリゾート地なので、ちょっと小洒落たレストランが多いです。

それはそれでいいのですが、せっかくのベトナムなので現地のローカルフードを食べたいものです。

屋台ではフォーかバンミーぐらいしかないので、ちょっと珍しめのメニューが食べれるところです。

メニュー、料金

ご飯におかずをどんと乗せるだけの食べ物。

チキンをまるまる乗せて見ました。

DSC00285

うん、特に、うまくない!!

冷えてる!!

一皿25,000ドン(約147円)です。

よく冷えたベトナム緑茶は飲み放題です。

DSC00288

ベトナムでは食堂のコップは洗わずにみんなで使い回しします。

衛生面は気をつけましょう。

 

店内

この民家感。。

DSC00289

うむ、いい具合である。

場所

ニャチャンのほぼ端っこにあります。

場所はこちら。

下の地図の(11)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

natyanmap

(1)MAD SPA。みんなで楽しいドロ温泉。きれいなドロに浸かってお肌すべすべ。TAP BAR。

(2)ニャチャン駅。ビーチから歩くと20分。

(3)長距離バスの到着地点。目印は何もない。

(4)ナイトマーケット。大したものは何もないけどなぜか面白い気がする。

(5)安いビール。ニャチャン最安で10,000ドン(約59円)。

(6)ストリート貝焼き屋さん。焼きたてで、貝汁とココナッツの風味がたまらん。

(7)広々とした安宿。PHU QUY TRAVEL。1泊100,000ドン(約590円)から。

(8)ストリートな青空バー。モヒートがうまい。

(9)ビーチ。夜のビーチ沿いではピクニックが盛ん。

(10)服屋。水着を買うならこちら。他の店の半額で買えます。

(11)どローカルな食堂。超絶しっぽり。

(12)ロシアのツーリストインフォメーション。ドロ温泉までのバスが出ている。

 


[ベトナム][ニャチャン]ロシア人に負けてられない!青空バーでモヒートを飲もう!1杯28,000ドン(約165円)から

DSC00294

ニャチャンはロシア人から圧倒的な支持を得ていて、ロシア人街・ロシアエリアが出来上がっています。

ベトナム戦争時代に北ベトナム軍をロシアが支持していたことからつながっているのでしょうか。

街なかでもロシア人がとても多く、お店の看板もロシア語で書かれてたりします。

彼らの飲み物はもちろんウォッカやラム。

ちょっと強いお酒ですが、せっかくなのでロシア人気分で飲んでみましょう!

飲み物、料金

モヒート!

DSC00296

ミントにパッションフルーツを混ぜてすりつぶし、バカルディをベースにシロップを入れてライムを絞って、ライムを添えて出来上がり。

その場で作ってくれますが、ものすごい手間がかかってます。

うまい!

1杯28,000ドン(約165円)から。

こんな感じの青空バーです。

DSC00297

ベトナム名物の低いイスに座って飲むのが、開放的で気持ちいいです。

場所

ロシア人街の端っこにあります。

下の地図の(8)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

natyanmap

(1)MAD SPA。みんなで楽しいドロ温泉。きれいなドロに浸かってお肌すべすべ。TAP BAR。

(2)ニャチャン駅。ビーチから歩くと20分。

(3)長距離バスの到着地点。目印は何もない。

(4)ナイトマーケット。大したものは何もないけどなぜか面白い気がする。

(5)安いビール。ニャチャン最安で10,000ドン(約59円)。

(6)ストリート貝焼き屋さん。焼きたてで、貝汁とココナッツの風味がたまらん。

(7)広々とした安宿。PHU QUY TRAVEL。1泊100,000ドン(約590円)から。

(8)ストリートな青空バー。モヒートがうまい。

(9)ビーチ。夜のビーチ沿いではピクニックが盛ん。

(10)服屋。水着を買うならこちら。他の店の半額で買えます。

(11)どローカルな食堂。超絶しっぽり。

(12)ロシアのツーリストインフォメーション。ドロ温泉までのバスが出ている。

 


[ベトナム][ニャチャン]ニャチャンの安宿は、8つの理由からPHU QUY TRAVELで決まり!

DSC00272

長距離バスでニャチャンに着いて、ツーリストインフォメーションを見かけたので安宿知りませんかと聞きに入ったら、この中にあるよとのことでした。

見てみたらすごくキレイで広々としてて、気に入って泊まりました。

泊まって正解だったので紹介します。

値段

ドミトリーは1泊100,000ドン(約590円)。

ヨーロピアン・ロシアン向けの高級ホテルが多いリゾート地ニャチャンでは飛び抜けて安いです。

安宿を探している方にはおすすめです。

立地・アクセス・治安

海まで徒歩2分。

屋上から海が見えます。

DSC00267

ナイトマーケットまでは徒歩30秒。

屋上からナイトマーケットの準備風景が見えて面白いです。

場所はこちら。

下の地図の(7)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

natyanmap

(1)MAD SPA。みんなで楽しいドロ温泉。きれいなドロに浸かってお肌すべすべ。TAP BAR。

(2)ニャチャン駅。ビーチから歩くと20分。

(3)長距離バスの到着地点。目印は何もない。

(4)ナイトマーケット。大したものは何もないけどなぜか面白い気がする。

(5)安いビール。ニャチャン最安で10,000ドン(約59円)。

(6)ストリート貝焼き屋さん。焼きたてで、貝汁とココナッツの風味がたまらん。

(7)広々とした安宿。PHU QUY TRAVEL。1泊100,000ドン(約590円)から。

(8)ストリートな青空バー。モヒートがうまい。

(9)ビーチ。夜のビーチ沿いではピクニックが盛ん。

(10)服屋。水着を買うならこちら。他の店の半額で買えます。

(11)どローカルな食堂。超絶しっぽり。

(12)ロシアのツーリストインフォメーション。ドロ温泉までのバスが出ている。

外観

こんな感じです。

DSC00272

だいたい宿のスタッフが暇そうに路上にイスを出して、往来を眺めています。

和やかです。

部屋・リビング・バスルームなどの環境

ドミトリーはこんな感じです。

DSC00261

ドミトリーは5階、地上から数えると6階にあります。

エレベーターがあるので移動も楽です。

屋上テラスが広々としてて、眺めも最高!

DSC00269

1階は旅行代理店と兼ねています。

宿の中にはレストランもありますが、写真の通り残念なくらい薄暗いので、やはり利用されているところは見たことはありません。。

DSC00504

フリーパソコンでインターネットし放題です。

DSC00495

この宿では何よりも、屋上テラスの開放感が1番のオススメです。

シャワーは温水なしで、水の勢いがないのが残念。

バケツに水を貯めて手桶ですくって掛けます。

他の点はすごく良いので、これだけが残念です。

従業員・宿泊客

宿は家族経営です。

私が行った時はちょうど子供の誕生日パーティーで、受付でみんなでケーキを食べていました。

実に微笑ましいです。

DSC00427

客層は幅広く、若手アメリカンバックパッカーから中流ヨーロピアンまでいます。

 

Wi-Fi環境

宿のものもありますが、隣の高級ホテルのノラ電波のほうが強いです。

 

セキュリティ

ベトナムではチェックインの時に宿にパスポートを預けて、チェックアウトの時に返してもらう文化です。

ドミトリーにはカギを掛けるところはないので、パスポート以外の貴重品は受付に預けましょう。

まとめ

最高の立地に、安い料金、そして眺めのいい屋上テラス・・・。

ただ1点、シャワーの水圧が低くて手桶スタイルであることを除けば、文句なしです。

ニャチャンでの安宿として数日滞在する分には問題ないので、屋上から海を見たければ泊まって見るのがいいでしょう。

 


[ベトナム][ニャチャン]ホーチミンからニャチャンへの移動方法を9行でまとめてみた

DSC00221

ホーチミンからニャチャンまでの移動は寝台バスで1本で行けるので楽です!

簡単にまとめておきました。

ホーチミンの高速バス乗り場

ファングーラオ通りのLACという旅行代理店がオススメです。

寝台バスはこんな感じ。

DSC00222

リクライニングになっており、足を伸ばして寝れます。

DSC00221

ホーチミンからニャチャンのバス停まで

約11時間。

こんな何もないところで降ろされます。

DSC00242

ここから進む方向を間違えると何もなくなるので、下の地図をよく見ておくといいでしょう。

下の地図の(3)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

natyanmap

(1)MAD SPA。みんなで楽しいドロ温泉。きれいなドロに浸かってお肌すべすべ。TAP BAR。

(2)ニャチャン駅。ビーチから歩くと20分。

(3)長距離バスの到着地点。目印は何もない。

(4)ナイトマーケット。大したものは何もないけどなぜか面白い気がする。

(5)安いビール。ニャチャン最安で10,000ドン(約59円)。

(6)ストリート貝焼き屋さん。焼きたてで、貝汁とココナッツの風味がたまらん。

(7)広々とした安宿。PHU QUY TRAVEL。1泊100,000ドン(約590円)から。

(8)ストリートな青空バー。モヒートがうまい。

(9)ビーチ。夜のビーチ沿いではピクニックが盛ん。

(10)服屋。水着を買うならこちら。他の店の半額で買えます。

(11)どローカルな食堂。超絶しっぽり。

(12)ロシアのツーリストインフォメーション。ドロ温泉までのバスが出ている。

 

バス停からPHU QUY TRAVELの安宿までは徒歩5分ぐらいです。