「 ベトナム 」List

[ベトナム][ベトナムの豆知識]知ってるだけで旅の充実度が300%アップ!!3分で読める、観光に役立つ厳選ベトナムの豆知識ベスト16!!

DSC00316

実体験を通じて得たベトナムの豆知識を、幅広く紹介します。

知っているだけで旅の楽しさが格段に向上すると思います。

アオザイ美人の遭遇率

アオザイ着て歩いている人はほとんどいません。

京都で着物を着ている人を見かけるぐらいの確率です。

DSC01333

アオザイのスリットから腰がチラ見えするが、だいたい腰にお肉が結構付いており、ズボンが食い込んでいます。

アオザイ美人を見たかったら、「アオザイを着てする仕事」に従事している女子たちを狙いましょう。

DSC00686

ベトナム人とアルコールの意外な関係、そして意外なビールの値段

ベトナム人は夜になるとビールを大量に飲みます。

空き缶、空きビンはお店を出る時までずっと貯めておいて、自分が飲んだ酒の量にしみじみする文化です。

DSC00636

なお、ベトナム人はお酒を飲んでもあまりにぎやかになりません。

男二人でしっぽり飲んでいるようなケースが多いです。

お酒を飲んだ時よりも、昼間にトランプやベトナム将棋をやってるときのほうが断然にぎやかです。

DSC00884

ビールが1本10,000ドン(約59円)から。

観光客だと思われると外国人プライスがふっかけられ、20,000ドン(約118円)になったりしますが、交渉可能です。

DSC00519

ATMの使い方と手数料とおすすめ銀行

ベトナムでの両替はクレジットカードでのATMキャッシングが1番レートがいい!!

そのやり方を、初心者でもわかるように動画で徹底解説しました。

動画が見れない人は下の手順を参照してください。

まず、クレジットカードを入れる。

そして言語選択。englishがいいでしょう。

続いて暗証番号入力。

続く利用サービス選択は、Cash Withdrawal.現金引き出しという意味です。

口座種類選択は、Credit。

そして引き出し金額選択。

一週間いるなら20,000ぐらい出しておけばいいでしょう。

レシート欲しい?もちろんyes。

時間切れになると画面がギヨロギヨロ言い出すので、早めに選択しましょう。

クレジットカード、現金、レシートが出てくるのですべて回収。

ね、簡単でしょ?

DSC00028

ちなみにおすすめ銀行は、Vietcom Bank。

現金引き出し手数料が1番安かったです。

40,000ドン(約235円)。

ホテルでのパスポートの扱われ方

ベトナムでは、宿にチェックインするときにパスポートを預け入れて、チェックアウトの時に返してもらう習慣があります。

だいたいの安宿では、チェックイン手続きはパスポートを渡すだけで終わりです。

自分で何かを記入するようなことはまずありません。

DSC00462

ベトナム統一鉄道の料金、シートタイプ、路線図などを徹底調査

ベトナム統一鉄道の料金は以下の通りです。

イス型の席とベッド型の席の2種類があります。

それぞれ、クッションの薄いハードタイプとふかふかのソフトタイプがあります。

berthというのが寝台シートで、surperiorというのが4人で一部屋のものだそうです。

DSC00455

寝台ではない座席シート

DSC01178

寝台6人部屋

DSC01122

寝台surperior

DSC01162

ソフトシートとハードシートがありますが、ハードシートにもクッションが敷いてありシーツが配られるので、実際は大した差はありません。

ニャチャンからフエに行くぐらいなのであれば、寝台ハードシート6人部屋で全く問題ありません。

ゆっくりゴロゴロしたかったら、1番上の寝台がおすすめです。

DSC01136

 

長距離移動はツーリスト用寝台バスが圧倒的におすすめ

都市間の移動は10時間を超える長旅。

鉄道よりもローカルバスよりも、ツーリスト用寝台バスが安くて便利。

DSC00512

 

DSC00507

ただ鉄道も渋くて捨てがたい。

DSC01159

やたらと単位の大きい通貨ベトナムドン!瞬時に日本円に暗算する簡単な方法!

ドンの単位は大きいですが、現地の人々は口頭では下三桁を省略する場合が多いです。

例えば300,000ドン(約1,765円)なら、300(three hundreds)と呼ばれます。

その場合、瞬時に日本円に暗算できないと、一体どれぐらいの金額なのかわからず、ぼったくりが横行するベトナムでは残念な目に合ってしまいます。

DSC00621

そこで、瞬間的に暗算で日本円へ換算する方法を覚えて置きましょう。

まず金額を二分の一して、そのおしりにゼロをつけるだけ。

300ドンと言われたら、日本円で1,500円ぐらいだと思おう。

そうすると、200ドンを1円と換算する計算になります。

実際は170ドンが1円ぐらいですが、200ドン=1円ぐらいでおおよその感覚はつかめるでしょう。

DSC00063

ちなみに、普通に旅行していれば、1,000ドン(約5.9円)以下のものにはまず出会いません。

覚えておくと現地の人々に喜んでもらえる!観光で頻出するベトナム語一覧!

中国語と同じく声調があり、発音を覚えるのがとても難しいです。

それでも、下の写真のフレーズを覚えておけば、だいたい何とかなります。

DSC00061

ちょっと待って、は、チョーモッチュ。

なんてかわいい言葉!

ベトナム人同士の会話を聞いていると、みんなところどころで語尾にニャーニャー言っててかわいいです。

日本人はグイニャッバン。

ちなみにベトナム人はとても親日です。

DSC00873

日本の礼儀正しさとモノづくりの技術が評価されているようです。

それでも日本人はなぜかよく韓国人に間違われます。

東南アジアでは珍しい、ロシア人がやたらとたくさんいる国ベトナム!その理由は・・・?

ベトナムにはロシア人観光客が多い。

ベトナム戦争の名残りか。

DSC00294

特にニャチャンには、世界的にも珍しいロシア人街ができていてウォッカ臭くて素敵・・・。

トイレの造りと使い方

トイレは、便座の横にホースが備え付けられていて、ホースの水でおしりを洗い流す方式。

東南アジアにはよくあるやつです。

挑戦しましょう。

そして慣れましょう。

DSC00264

トイレットペーパーは流せるところが多いです。

ベトナム庶民の大好きな飲み物、それは緑茶!ベトナムでは1番安いもしくは無料・・・!

ベトナムの庶民の飲み物は緑茶。

DSC00288

街を歩いているとそこらじゅうに緑茶屋さんがあり、ヒマなオジサンたちがまったりしています。

相場は1杯5,000ドン(約29円)ぐらい。

DSC01345

ベトナム語ではチャーラーといいます。

社会主義国であるということと、その現実的な影響

いちおう社会主義国なので、街の至るところに緑色の制服を着た職員がいます。
DSC01397

ただ、みんなヒマそうに立ってるだけで、実は見た目ほど怖くないです。

道を聞けば教えてくれるようないいおじちゃんです。

DSC00900

気温と服装。北部と南部でどれだけ違うの?

北部にあるハノイでも暑い。

DSC01250

サンダルに短パンで生活できます。

南部のホーチミンはハノイよりも赤道近くにあるので、若干暖かいです。

DSC00126

ベトナムは発展途上で貧困なイメージがあるけど、実際どれぐらい発展してるの?

発展途上のイメージがありますが、都心や観光客が行くような地方都市だけ見れば立派な都会です。

地下鉄やローカル鉄道の整備こそできてはいませんが、街中では若者からオジサンオバサンまでスマホでフェイスブックを見ながら歩いています。

DSC00540

北に行けば行くほど物価が上がる気がします。

人と人の距離感。ベトナムではどれぐらい近いの遠いの?

シクロやバイクタクシーの客引きオジサンは観光客に話しかけるときに、注意を引くために腕に触ってきたりします。

DSC01074

触られるのが不快な人は、客引きオジサンを事前に察知して遠巻きにするスキルが必要です。

両替レートはどれぐらい?

2015年4月時点で、1円が170ドン。

59円が10,000ドンで、ビール1本分です。

安宿は590円、100,000ドンぐらいからあります。


[ベトナム][ハノイ]ハノイに行く前に押さえておきたい4つのポイント。とりあえずこれだけはインプットしておかないと・・・

DSC00128

ハノイに行く前に押さえておくと便利であろう、ハノイの概要を簡単にご紹介します。

ハノイをひと言でいうと・・・

ベトナムの首都で、ゴチャゴチャとした街の作りが印象的な未来の新宿です。

なお、wikipediaにはざっくり以下のように説明されています。

長いな。。。

ハノイベトナム語: Thành phố Hà Nội Ha_noi.ogg 聞く, 漢字:城舖河內)とは、ベトナム社会主義共和国北部に位置する同国の首都ホーチミン市に次ぐ同国第2の都市であり、政治文化の都である。地名の「城舖河内」は当時の街(現在のホアンキエム・バーディン・ドンダー・ハイバーチュンの4区にほぼ相当)が、紅河とトーリック川(蘇瀝江)とに囲まれていたことに由来する。2009年の人口は650万人。紅河の右岸にあり、国内の工業の中心地で、農産物の集散地ともなっている。また、一柱寺など史跡も多い。東南アジア有数の世界都市であり、ホーチミン市がベトナム経済の中心地である反面、ハノイはベトナムの政治・文化の中心地であるため、世界都市との評価を受けた。。

 wikipedia 「ハノイ」より引用

 

ハノイでよく見る観光地図と、おすすめスポットの場所

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

hanoimap

(1)ベトナムで1番おいしい食べ物はここにあり。バンチャンヌン。ライスペーパー焼きのパリパリおやつ!

(2)毎晩行列のできてるフォー屋さん。そのお味は・・・?

(3)ハノイの中級ゲストハウス、ゴールデンチャームホテル。立地最高ドミトリーあり。

(4)揚げ春巻とソフト麺を酸っぱいスープに漬けて食べるっていう珍しいベトナム料理。

(5)世界1オープンなオープンカフェで、おばあちゃんが入れてくれるお茶が激しっぽり!。

3分でわかるハノイの街の風景

ハノイの景色です。

女子の可愛く撮影されたい願望は世界共通のようで、ハノイの中心部では花嫁さんがドレスやアオザイで写真を撮ってもらっていたり、偽アイドルがミニスカートで安っぽいイメージビデオを撮影したりしています。

ハノイは、やっぱり騒がしくて疲れる。。。どこの首都でもそうか・・・

賑やかでいいんですが、ホーチミンと同じぐらい騒がしくて、宿の外に出るだけで疲れます。

特に夜は、車やバイクが細い路地までビュンビュン走っていて、常に周りに気をつけて歩かないと危険です。

東南アジアの国々の首都はどこでも同じようなものなのかもしれませんが・・・。

せっかくベトナムに行くのなら、フエやニャチャンなどの田舎に行ったほうが味わい深いかも知れません。


[ベトナム][フエ]とりあえずこれだけはインプットしておこう。フエに行く前に必ず押さえておきたい4つのポイント

DSC00540

フエに行く前に押さえておくと便利であろう、フエの概要を簡単にご紹介します。

フエをひと言でいうと・・・

ベトナムを代表する古都の街で、人々と街並みの穏やかな雰囲気が特徴的です。

なお、wikipediaにはざっくり以下のように説明されています。

フエHuế)は、ベトナム中部の都市で、トゥアティエン=フエ省省都である。19世紀から20世紀にかけてベトナムに存在していた阮朝の首都に定められていた。

フエはフランス語風にユエと呼ばれることもある[1]。フエの漢字名の「順化(トゥアン・ホア、Thuận Hóa)」は、14世紀陳朝が設置した順州・化州に由来する[2]。二つの行政区画のうち、かつてフエの町が属していた「化州」の漢字音hoá)が転訛して、町はフエと呼ばれるようになったと考えられている[1][3][4]。フランス植民地時代にトゥアン・ホアを訪れた外国人は、町を「スェウナ」「スィネア」「シネア」と呼んでいた[5]

ユネスコ世界遺産(文化遺産)に「フエの建造物群」、無形文化遺産に「フエの雅楽」が登録されている。

 wikipedia 「フエ」より引用

 

フエでよく見る観光地図と、おすすめスポットの場所

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

huemap

(1)田舎ゾーン。40年ぐらい前の光景が広がる。グエン朝よりもむしろこちらに行くべき。

(2)子供ゾーン。元気なベトナムっ子たちのはじける姿が可愛らしいです。

(3)ベトナム流ゲームセンター。これは・・・ハマる・・・。

(4)しみじみしたナイトマーケット。一週間毎晩行っても飽きないクオリティの高さに魅入る。

(5)アオザイ美人の通勤経路。17時にここで待っていよう・・・

(6)街中遊園地。地味に面白い。1杯やった後にどうぞ。

(7)ベトナム統一鉄道のフエ駅。渋い。長距離お散歩コース。

(8)HOANG HUONG。客の全然いない安宿。沈没者向け。

(9)しみじみとしたしじみふうみがじみにしみる。

(10)安宿フエホステル。激渋。

(11)フエ風コーヒーが飲めるカフェ。フエっ子オジサンの憩いの場。

 

3分でわかるフエの街の風景

フエの景色です。

ベトナムでは意外と見かけないアオザイ美人がたくさんいます。

 

フエは、とっておきの移住ポイントかもしれない・・・

ベトナムで1番安心する街。

派手さや便利さはありませんが、田舎っぽい雰囲気に惹かれてついつい長居してしまいます。

ホーチミンやハノイで疲れたら、フエでぼんやりと空を眺めましょう。

あまり知られていませんが、老後の移住先としてアリかもしれません。

ナイトマーケットが1番のおすすめポイントです。


[ベトナム][ニャチャン]とりあえずこれだけはインプットしておこう。ニャチャンに行く前に押さえておきたい4つのポイント

DSC00361

ニャチャンに行く前に押さえておくと便利であろう、ニャチャンの概要を簡単にご紹介します。

ニャチャンをひと言でいうと・・・

ホーチミンから長距離バスで11時間のところにある、ベトナム流のビーチ沿い観光リゾート地です。

なお、wikipediaにはざっくり以下のように説明されています。

ニャチャンナトラン、または、ナトラングNha Trang芽莊?)はベトナム南部、カインホア省Tỉnh Khánh Hoà省慶和?)の省都。面積251km2、人口350,375人(2005年)。

 wikipedia 「ニャチャン」より引用

 

ニャチャンでよく見る観光地図と、おすすめスポットの場所

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

natyanmap

(1)MAD SPA。みんなで楽しいドロ温泉。きれいなドロに浸かってお肌すべすべ。TAP BAR。

(2)ニャチャン駅。ビーチから歩くと20分。

(3)長距離バスの到着地点。目印は何もない。

(4)ナイトマーケット。大したものは何もないけどなぜか面白い気がする。

(5)安いビール。ニャチャン最安で10,000ドン(約59円)。

(6)ストリート貝焼き屋さん。焼きたてで、貝汁とココナッツの風味がたまらん。

(7)広々とした安宿。PHU QUY TRAVEL。1泊100,000ドン(約590円)から。

(8)ストリートな青空バー。モヒートがうまい。

(9)ビーチ。夜のビーチ沿いではピクニックが盛ん。

(10)服屋。水着を買うならこちら。他の店の半額で買えます。

(11)どローカルな食堂。超絶しっぽり。

(12)ロシアのツーリストインフォメーション。ドロ温泉までのバスが出ている。

 

89秒でわかるニャチャンの街の風景

ニャチャンの街の景色です。

ここでも日本のマンガが大人気。

ニャチャンは、なかなか珍しいロシア人の憩いの街。暖かいところで羽を伸ばしているロシア人にほっこりする

東南アジアでまず見かけることのない、ロシア人街がここにはあります。

ロシア人の方々も別に寒いところが好きなわけではなく、やはり暖かいところでぽかぽかするのは楽しいとのことでした。

また、ロシア人街にはやっぱり漂うウォッカの香り。

ベトナムではお酒も安いので、観光がてら1杯やるのもいいでしょう。

 


[ベトナム][ホーチミン]とりあえずこれだけはインプットしておこう。ホーチミンに行く前に押さえておきたい4つのポイント

DSC00020

ホーチミンに行く前に押さえておくと便利であろう、ホーチミンの概要を簡単にご紹介します。

ホーチミンをひと言でいうと・・・

インドのコルカタと並ぶ喧騒の街であり、ベトナムの商業の中心地です。

なお、wikipediaにはざっくり以下のように説明されています。

ホーチミン市(ホーチミンし、Thành phố Hồ Chí Minh城舗胡志明 Thanh Pho Ho Chi Minh.ogg 聞く)は、ベトナム社会主義共和国最大の経済都市東南アジア有数の世界都市でもある[1]。人物のホー・チ・ミンと区別するため、通常はホーチミン市またはホーチミン・シティ(英称:Ho Chi Minh City)と呼ぶ。旧名はサイゴンSài Gòn柴棍 Saigon.ogg 聞く:西貢)であり、現地では今なお「サイゴン」という表現が様々な場面で使われており、都市名としては「ホーチミン」よりも通じる。また、ベトナム人の間では「HCMC」「TPHCM」と省略することも多い。

 wikipedia 「ホーチミン市」より引用

 

ホーチミンでよく見る観光地図と、おすすめスポットの場所

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

tizu

(1)YUAN。日本人街にあるマッサージ屋。安い割にしっかりしてる。

(2)NHU LAN。庶民派レストラン。壮絶、生すぎる生春巻きが食べれる。

(3)街中にある無料のトイレ。自由に使える。きれい。

(4)路上でおばちゃんが突然お灸屋やってる。しかも内出血しまくってるけど。。

(5)怖すぎて渡れない信号。道路一本渡るのに信号4個ってなんだよ。しかも青5秒だし。

(6)FAMILLEゲストハウス。安くて空いていて立地よし。無難。

(7)LAC Tourist Infomation。安心・安全な旅行代理店。バスチケットの手配はここで。

 

3分でわかるホーチミンの街の風景

ホーチミンの夜の景色です。

社会主義国って言う割には、みんな結構自由です。

ホーチミンは、けっこう詐欺やボッタクリが多いので気をつけて・・・

空港からタクシーに乗れば目的地に連れてってくれないくせに高額請求する、友達のように親しく話しかけてきて家族ぐるみで胡散臭いボッタクリを仕掛けてくる・・・。

DSC00109

また、コンビニなどしっかりしたお店を除けば、モノやサービスに値札がありません。

だいたい外国人だと思うと高額をふっかけて来ますので、頑張って値切りましょう。