「 ランカウイ島 」List

[マレーシア][ランカウイ]オリエンタルビレッジのケーブルカーは1秒間で50センチぐらいの激揺れマシーンだぜ・・・

IMG_20150201_153807

オリエンタルビレッジはランカウイ北東のジオパークにあるアミューズメント施設です。

ふもとから山の頂上までケーブルカーが伸びており、風が強いと結構揺れて迫力があります。

迫力というか結構怖い。。。

乗る前

ケーブルカーの乗り口。

休日だったので、超混んでます。

IMG_20150201_143455

ケーブルカーに乗る前に、ジェットコースターのショートムービーを見せられますが、やたらと迫力があります。

高いところから一気に落ちる映像が流れるタイミングでは、周りの現地人たちから大きな歓声が上がって興奮します。

乗ってから

そしてケーブルカー。

乗車時間は5分ぐらい?

結構長いです。

風が強い日だったのか、揺れる揺れる。

おばちゃんビビリすぎでしょ。

IMG_20150201_151532

中継地点ではミッキーもがんばって写真撮影の営業中。

IMG_20150201_153807

そしてそれをプリントアウトする人間たちはグダグダお仕事中。

そりゃあ毎日同じ仕事してりゃあ飽きるわな。

IMG_20150201_155537

場所

街でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

下の地図の(1)です。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ランカウイmap

(1)ケーブルカー。安全なんだか危険なんだかわかんなくてブルブル。行く価値あり。

(2)完璧な月と日の出が見れる絶景ポイント。たぶんマレーシアで1番神秘的。現地でも知っている人はいないらしい。

(3)床が抜けてる海上の橋。こんな誰も注目してない場所で現地人が毎日命を掛けて原付を運転していた。

(4)ダディズゲストハウスはランカウイで1番の安宿。世界中からクレイジーで怠惰な奴らが集まる、バックパッカー世界の縮図。

(5)バードパラダイスはまさに楽園。特に、かわいいものを見てキュンキュンしたい女子にオススメ。

(6)買い物するならUN LEEスーパーマーケットで何でもそろう。ランカウイで1番大きな激安スーパーマーケット。長期滞在者はぜひ。

(7)ラッキーテンプル。完全に名前負け。がっかりする度胸のある人は見に行ってみよう。

(8)オススメの現地料理屋。肉魚野菜なんでも来い。

(9)ランカウイ陸っぱりから貴重な釣りスポット。イカと小魚が釣れる。

 

 

まとめ

マレーシア人にとても人気があるアミューズメントパークなので、休日の昼間はとても混み合います。

私は日曜日のお昼過ぎに行ったら、ケーブルカーに乗るまで1時間待ちでしたので、平日に行くことをおすすめします。

ジオパーク内にはなぜか冬のソナタの記念写真があります。

探してみてください。

IMG_20150201_161017

入場料は35リンギ(約1,050円)。


[マレーシア][ランカウイ]買い物するならUN LEEスーパーマーケットで何でもそろう。しかもビールが一本2リンギ(約60円)!!

IMG_20150201_182559

ランカウイはデューティフリーなので、安い酒・タバコを求めて来る人も多いと思います。

そうした時に1番の味方となる、ランカウイの中でもなんでも揃う激安スーパーをご紹介します。

お店の名前

UN LEEスーパーマーケット。

華僑の方が経営しています。

IMG_20150201_182559

売っているもの

日用品から食料、お酒まで何でもそろうスーパーマーケット。

コンビニサイズのお店の多いランカウイで、これだけ品揃えのいいお店は島中探しても他にありません。

中国系のsnow BEERはここでしか手に入らない。タイガービールみたいであっさりすっきり。2リンギ(約60円)。

場所

ayer通り。

パンタイチェナンからは遠いが、モーターバイクをレンタルする機会があればぜひ行ってみよう。

IMG_20150201_184024

街でよく見る観光地図と、おすすめスポットの場所

街でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

下の地図の(6)です。

ランカウイmap

(1)ケーブルカー。安全なんだか危険なんだかわかんなくてブルブル。行く価値あり。

(2)完璧な月と日の出が見れる絶景ポイント。たぶんマレーシアで1番神秘的。現地でも知っている人はいないらしい。

(3)床が抜けてる海上の橋。こんな誰も注目してない場所で現地人が毎日命を掛けて原付を運転していた。

(4)ダディズゲストハウスはランカウイで1番の安宿。世界中からクレイジーで怠惰な奴らが集まる、バックパッカー世界の縮図。

(5)バードパラダイスはまさに楽園。特に、かわいいものを見てキュンキュンしたい女子にオススメ。

(6)買い物するならUN LEEスーパーマーケットで何でもそろう。ランカウイで1番大きな激安スーパーマーケット。長期滞在者はぜひ。

(7)ラッキーテンプル。完全に名前負け。がっかりする度胸のある人は見に行ってみよう。

(8)オススメの現地料理屋。肉魚野菜なんでも来い。

(9)ランカウイ陸っぱりから貴重な釣りスポット。イカと小魚が釣れる。


[マレーシア][ランカウイ]ペナンから、デューティフリーの島ランカウイ島へは約7時間、34リンギ(約1,020円)で半日で行けてしまう・・・これは!

IMG_20150130_092608

永住の街ペナン。移住の街ペナン。移住したい街ランキングナンバー1の街ペナン。

やることは底なしにある街ですが、ずっといたら、街自体にもちろん飽きます。

飽きたら次のまったり目的地ランカウイに行きましょう。

島全体がデューティフリーとなっているので、酒・タバコがやたらと安いです。

IMG_20150201_232238

欧米のオジサン・オバサンがずっとまったりしているのもこのせいでしょうか。

IMG_20150125_081523

乗り換えは多いですが、慣れちゃえば簡単です。

ペナンから対岸の街バターワースまで

セントジョージのチャーチ前で無料のホップオンバスに乗って港へ。

バスは1時間に3本ぐらい出ていて、とても便利です。

30分ぐらい。

港でフェリーに乗りますが、フェリーは島を出るときは無料で乗れます。

IMG_20150116_130833

フェリーは20分ぐらいでバターワース港に到着。

バターワースからクアラケダまで

ランカウイ島の対岸のまちクアラケダまでは、鉄道ルートと長距離バスルートがあります。

鉄道ルートでは、マレー鉄道がありますが、1日4本、朝か夕方しか走ってません。

時刻表と料金はこちら。

IMG_20150130_095245

クアラケダに直接行くバスに乗れるか、アロースター行きでアロースターまで行って乗り換えバスを探すか。

私はクアラケダ直行のバスがいい時間になかったので、アロースターで乗り換えにしました。

IMG_20150116_094849

アロスターまでは11リンギ(約330円)。3時間ぐらいです。

結構広いがバス停。

写真はこちら。

IMG_20150130_120057

ここではとっても美味しいスイートコーンが食べられます。

コーンに、バターだけでなく練乳も絡めてあるので、とっても甘くてまろやか。

IMG_20150130_122029

うまい!これで2.5リンギ(約75円)。女子はぜひ食べましょう。

アロースターからランカウイ島の対岸であるクアラケダまでは約1時間。2.5リンギ(約75円)。

クアラケダからランカウイまで

フェリーが1時間に一本ぐらい出ています。

IMG_20150130_133230

23リンギ(約690円)。2時間ぐらいです。

まとめ

ルートの選択肢も多く乗り換えも複数回ありますが、どの乗り換えポイントも大きな停留所なので、道を失うことはありません。

ひたすらペナンからクアラケダ、クアラケダからランカウイ、と考えていればなんとかなります。

IMG_20150130_095742

マレーシアを旅行するバックパッカーのほぼ全てが通るルートですので、同じ道を行くバックパッカーが多いのも安心です。