「 ビエンチャン 」List

[ラオス][ビエンチャン]タラートサオショッピングセンターはビエンチャンで1番栄えているデパートでしょう

DSC04102

洋服からスマホ、DVDに食堂まで。

なんでもあります。

場所

ナンプ広場からパトゥーサイに行く途中にあります。

この辺りでは結構大きい建物。

下の地図の(5)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ビエンチャン

(1)パトゥーサイ。ニセ凱旋門。1番てっぺんまで登ればビエンチャンが意外と広いことがわかる

(2)ワットシーサケット。何この不思議な感じ。宇宙人みたいな女性版ブッダを見に行こう

(3)ビエンチャンバックパッカーゲストハウス。1泊40,000kip(約600円)で居心地がすごくいい

(4)ドローカルな大衆食堂で往来を眺めながらビアラオを飲もう

(5)タラートサオショッピングセンターで金のブレスレットをドロドロに溶かしているところを見学しよう

デパートの中

5階建てになっていて、4階と5階が駐車場です。

DSC04101

3階の食堂は安くてうまいぶっかけご飯系やラーメンなどいろいろあって選ぶのが楽しいです。

DSC04102

デパートの外

実はここは外の方が面白いんです。

デパートの横は、金物の溶接屋エリア。

DSC04099

マダムがいらなくなったブレスレットや指輪を持ち込んで、その場でガスバーナーでドロドロに溶かしてもらいます。

それを金型に流し込んで冷やして金の棒完成。

しかし金の棒ってどうやって使うんだろう。

DSC04098

金物の磨きとかもやっています。

なかなか見れない光景なので、通ったら見てみるといいでしょう。

DSC04121


[ラオス][ビエンチャン]ワットシーサケットで見るべきものは、数え切れないほどある仏像の中から、たった一体の仏像だった

DSC04088

いろいろ由緒あるお寺のようですが、だいたいどこにでもある仏像がたくさん並んでいるだけです。

しかしその中でも一体の仏像が。。。

これ!

DSC04088

なんか、違和感があるんですよ。

よくある仏像と違って、まずどことなく女性っぽい。

そして着てる服の造りがよくわからない。

どこまでが体でどこからが服なの?

最後に、顔がデカい。

体の大きさと比べると、やっぱり大きいですよね。

とりあえずこれを宇宙人ブッダと名付けておきましょう。

他にも

似たようなのがあります。

DSC04087

頭に穴のあいた仏像があります。

DSC04086

龍がいます。

DSC04096

結婚写真を撮影してます。

DSC04095

タバコを吸っていいのか悪いのかよくわからない看板。

DSC04084

この辺りの道路には当然のように穴が開いています。

DSC04082

場所

下の地図の(2)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ビエンチャン

(1)パトゥーサイ。ニセ凱旋門。1番てっぺんまで登ればビエンチャンが意外と広いことがわかる

(2)ワットシーサケット。何この不思議な感じ。宇宙人みたいな女性版ブッダを見に行こう

(3)ビエンチャンバックパッカーゲストハウス。1泊40,000kip(約600円)で居心地がすごくいい

(4)ドローカルな大衆食堂で往来を眺めながらビアラオを飲もう

(5)タラートサオショッピングセンターで金のブレスレットをドロドロに溶かしているところを見学しよう


[ラオス][ビエンチャン]ニセ凱旋門のパトゥーサイ。ナンプー広場から歩いていけます。ビエンチャンの鉄板観光ポイント

DSC04104

ラオスの首都ビエンチャン。

高い建物はあまりありませんが、とりあえず1番高いところには登っておきましょう。

1番てっぺんまで歩いて登りますが、意外と楽に行けます。

景色

こんな感じで、ビエンチャンの果てまで4方を見渡せます。

DSC04107

パトゥーサイに続く道だけはまっすぐ整備されているのに、他はごちゃごちゃ。

全体的に赤オレンジ色の屋根が多く、あと木が多いですね。

DSC04109

ラクガキするなって書いてあるのに、やっぱりラクガキしてありますね。

DSC04110

韓国語が多いようです。

入場料

3,000kip(約45円)。

DSC04104

登る前は、こんな高いの歩いて登るのかと思いましたが、手すりとかも整備されていて、途中でお土産屋さんエリアがあったり、意外と簡単でした。

DSC04106

場所

下の地図の(1)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ビエンチャン

(1)パトゥーサイ。ニセ凱旋門。1番てっぺんまで登ればビエンチャンが意外と広いことがわかる

(2)ワットシーサケット。何この不思議な感じ。宇宙人みたいな女性版ブッダを見に行こう

(3)ビエンチャンバックパッカーゲストハウス。1泊40,000kip(約600円)で居心地がすごくいい

(4)ドローカルな大衆食堂で往来を眺めながらビアラオを飲もう

(5)タラートサオショッピングセンターで金のブレスレットをドロドロに溶かしているところを見学しよう


[ラオス][ビエンチャン]メコン川近くのドローカルな大衆食堂でビール二本飲んでおつまみも1品頼んで34kip(約510円)でのんびりできる

DSC04073

ちゃんとしたレストランがあまり好きでない人、現地人と同じものを食べたい人にはとってもおすすめ。

街ゆく人たちを眺めながら1杯やりましょう。

メニュー、値段

ビール大瓶2本、肉団子のあんかけを一皿食べて、34,000 kip(約510円)。

DSC04073

氷を入れたグラスにビールをついで飲むという文化がラオスにはあります。

お店の雰囲気

赤ちゃんからおじいさんまでの家族で経営してます。

DSC04071

オカマちゃんが食事に来てて、それを見かけたロシア人っぽいオジサンがオカマちゃんを口説いて、ケータイの番号交換をしてたっていう謎の光景を目にすることができます。

DSC04070

場所

下の地図の(4)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ビエンチャン

(1)パトゥーサイ。ニセ凱旋門。1番てっぺんまで登ればビエンチャンが意外と広いことがわかる

(2)ワットシーサケット。何この不思議な感じ。宇宙人みたいな女性版ブッダを見に行こう

(3)ビエンチャンバックパッカーゲストハウス。1泊40,000kip(約600円)で居心地がすごくいい

(4)ドローカルな大衆食堂で往来を眺めながらビアラオを飲もう

(5)タラートサオショッピングセンターで金のブレスレットをドロドロに溶かしているところを見学しよう


[ラオス][ビエンチャン]ビエンチャンに安宿は意外と少ない。ビエンチャンバックパッカーゲストハウスは1泊40,000kip(約600円)のドミトリーが超快適

DSC04052

ビエンチャンには安宿はそれほど多くありません。

しかも散らばっているのでなかなか見つけずらいです。

ここは中心地ナンプー広場からも近く、客層はほぼ欧米系旅行者のみですが、とても過ごしやすいです。

値段

ドミトリーのみの宿で、1泊40,000kip(約600円)。

DSC04050

このエリアの安宿ではまあ普通の料金でしょう。

トーストや玉子焼きといった簡単な朝食もタダです。

場所

下の地図の(3)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ビエンチャン

(1)パトゥーサイ。ニセ凱旋門。1番てっぺんまで登ればビエンチャンが意外と広いことがわかる

(2)ワットシーサケット。何この不思議な感じ。宇宙人みたいな女性版ブッダを見に行こう

(3)ビエンチャンバックパッカーゲストハウス。1泊40,000kip(約600円)で居心地がすごくいい

(4)ドローカルな大衆食堂で往来を眺めながらビアラオを飲もう

(5)タラートサオショッピングセンターで金のブレスレットをドロドロに溶かしているところを見学しよう

アクセス・治安

ナンプ広場から徒歩5分。

近くにコンビニあり、ATMあり、川あり食堂ありで不便しません。

DSC04052

外観

いかにもバックパッカー向けのゲストハウスといった感じがよく出ています。

DSC04081

部屋・リビング・バスルームなどの環境

コンセントもベッドライトも各ベッドに着いていてなかなか設備がしっかりしてます。

DSC04051

タイガールームとアナコンダルームがあります。

DSC04058

DSC04077

ホットシャワー、エアコン完備、洗濯物はベランダで干せます。

DSC04122

夜になると入り口のコミュニティスペースに人が集まって楽しくビール飲んでます。

自転車やバイクのレンタルもあり。

DSC04078

夜になるとエアコンが効きすぎて少し寒いですが、それ以外は完璧です。

従業員・宿泊客

まだ若いけどしっかりした女店主が丁寧に切り盛りしていて、とても気持ちがいいです。

ツアーやバスの予約も対応してくれます。

DSC04047

日本語が喋れるおじさん店員さんがいます。

客層はほぼ全て欧米系です。

DSC04123

話をしただけでもイタリア、フランス、ドイツ、アメリカ人がいました。

Wi-Fi環境

Wi-Fiは20〜50Mbps。

問題ありません。

DSC04079

セキュリティ

ドミトリーベッドの 下に、1人1つづつロッカーがあり自分で鍵を掛けます。

DSC04112

まとめ

メコン川まで歩いて3分ぐらいでいけます。

値段も安く居心地もいいので、つい長期滞在したくなりますね。

DSC04054