「 ムアンシン 」List

[ラオス][ムアンシン]ラオスに行ったらもちろんサウナ!ムアンシンでは大草原の片隅に1件あるかないか・・・

DSC04997

ラオスと言えば、ハーバルサウナ。

ど田舎の町ムアンシンにもありましたので行ってみよう!

と思いましたが、もう営業していないとのことでした。

残念です。

一応場所とイメージだけでも紹介しておきます。

場所

下の地図の(3)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ムアンシン

(1)モーニングマーケット。牛の頭をガンガン切り落としている。

(2)DAE NEAN GUEST HOUSE。ムアンシンで安心の宿。

(3)こんな田舎にもあった、ラオス名物ハーバルサウナ。

(4)ナイトマーケット。ラオス旅行者の味方。

建物

田園風景の片隅に建つ掘っ立て小屋です。

DSC04845

木造高床式で、サウナをやっていない今では若者たちの家になっています。

このドラム缶でお湯を炊いて蒸していたんでしょう。

DSC04867

サウナ

小部屋が1つ。

DSC04869

DSC04870

DSC04871

風景

サウナ小屋から一面に広がる田んぼ。

DSC04873

湯上がりに見たらさぞきれいに感じたでしょう。

せっかくなのでビールを1本飲んで来ました。

DSC05001

ご近所には日本人の家があるそうです。

DSC04997


[ラオス][ムアンシン]現地人と同じものを食べよう!モーニングマーケットとナイトマーケットの2つの市場

DSC04939

ムアンシンにも、ルアンナムター同様に朝と夜にマーケットが開きます。

現地の人々はここで食料や雑貨を買ったり売ったりして生活しています。

モーニングマーケット

歩いていて20分で見て回れるくらい小さな町ムアンシンにしては、とても大きなマーケットです。

DSC04936

食べ物、屋台、雑貨、お酒と、ルアンナムターと同じくらいの規模があります。

DSC04927

ここは肉販売のエリアがなかなか見どころで、普通のブロック肉だけじゃなく、牛の頭の肉を捌きながら売っていました。

DSC04952

若いお姉さんが、大きな包丁で牛の頭をガンガン叩きながら肉を削っていました。

DSC04935

お腹が空いたら食堂でカオソイを食べましょう。

DSC04962

いつも食べ切れないという方は、半分の量で半額の5,000kip(約75円)で出してくれます。

DSC04943

マーケットの入口付近で売っているペットボトルはラオラーオという焼酎です。

約45度でかなりの匂いがあり、なかなか飲み切れません。

DSC04923

入り口の外ではニワトリが袋入りで売っています。

DSC04939

ナイトマーケット

低予算旅行者の味方ナイトマーケットは、町の中心から、バスターミナルとは逆の方向に3分ほど歩いたところにあります。

DSC04903

こちらはルアンナムターの5分の1ぐらいの小さな規模で、1人くらいのおばちゃんが、ローカルフードを少しずつ売っています。

DSC04908

1品5,000kip(約75円)から10,000kip(約150円)です。

DSC04911

特にこれと言った珍しいものはありませんが、近くの雑貨屋でビアラオを買って、惣菜をつまみに食べるのもいいでしょう。

DSC04902

暗くなる前からやっています。

場所

下の地図の(1)と(4)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ムアンシン

(1)モーニングマーケット。牛の頭をガンガン切り落としている。

(2)DAE NEAN GUEST HOUSE。ムアンシンで安心の宿。

(3)こんな田舎にもあった、ラオス名物ハーバルサウナ。

(4)ナイトマーケット。ラオス旅行者の味方。


[ラオス][ムアンシン]DAE NEAN GUEST HOUSE。ムアンシンで安心の宿は1泊60,000kip(約900円)で安寝できる。

DSC04944

ここ数年、ムアンシンはどんどん中国人の町になってきています。

中国系のゲストハウスに料理屋に商店にと、中国国境が近いせいもあり中国人が商売で進出してきています。

中には中国人民元でしか支払い受け付けませんというお店まであり、複雑な気分になります。

DSC04890

工業の町らしく排気ガスが多く立ち込めているせいか、旅行者もほぼおらず、ゲストハウスも年々閉鎖していっています。

日本人に人気のムアンシンゲストハウスももうないようです。

そんな中、DAE NEAN GUEST HOUSEはラオス人の家族で経営しており、安心して泊まれるのでオススメです。

値段

ツインベッドの部屋が1泊60,000kip(約900円)。

ムアンシンでは安いほうです。

DSC04882

場所

下の地図の(2)です。

現地でよく見る観光地図をベースに、自作で追記してみました。

リンクをクリックすると関連する記事に飛びます。

ムアンシン

(1)モーニングマーケット。牛の頭をガンガン切り落としている。

(2)DAE NEAN GUEST HOUSE。ムアンシンで安心の宿。

(3)こんな田舎にもあった、ラオス名物ハーバルサウナ。

(4)ナイトマーケット。ラオス旅行者の味方。

アクセス・治安

ちょうど町の中心にあります。

バスターミナルから徒歩7分ぐらい。

DSC04855

小さな町ムアンシンでは飲みに行くようなところもなく、人々も穏やかで治安はおよそ問題ないでしょう。

外観

庭がとても広くてゆったりしています。

DSC04984

部屋・リビング・バスルームなどの環境

廊下兼リビングにはしっかりとしたテーブルとイス。

DSC04880

ホットシャワーと言っていましたが、タイミングが悪いのか水シャワーでした。

従業員・宿泊客

客層は、欧米人もラオス人も泊まっていますが、客はほとんどいません。

宿の子供たちが庭で長縄やビー玉で遊んでいるのが微笑ましいです。

DSC04944

Wi-Fi環境

Wi-Fiは部屋に入ると遅いですが、廊下に出れば50Mbpsぐらいでます。

DSC04993

セキュリティ

全部屋個室なので、セキュリティの管理はご自分で。

DSC04983

まとめ

ここは何よりも、宿の2階から見える一面の田園風景が魅力です。

DSC04887

見渡す限りに広がる田んぼと、その遥か向こうにそびえる山々。

たまに野焼きもしていて田んぼから煙が登っています。

DSC04989

また宿の正面にある民家の生活もなかなか刺激的です。

水はけの悪い土地にボロボロの高床式の家が建っていて、ニワトリをたくさん放し飼いにしています。

結構粗末な生活をしているように見えますが、住んでいる方々は穏やかにのんびり暮らしています。

DSC05010

特に気になる点はなく、ムアンシンで安心して泊まれるオススメの宿です。